Macのキーボードのテカリがけっこうキレイになる!手アブラ多めの人におすすめ

4.5
★ 当レビューの商品は筆者が自己購入したものです。

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

仕上げがきれいなMacBookシリーズ。さらっとした感触の金属ボディや、手触りの良いキーボードなど、使っていてとても気分がいいですよね!

ただ、きれいなのでキズや汚れがどうしても気になってしまいます。

特に新品のときはマットな仕上げのキーボードが、使っているとすぐに手アブラでテカってくるのが一番気になる!パソコンなので汚れるのは当たり前なんですけどね・・・

なんとかテカリを抑える方法はないかと検索していたら、評判のよさげなクリーニングキット「WHOOSH 液晶クリーナー」を見つけたので買ってみたぞ!

WHOOSH 液晶クリーナー

こちらがクリーニングキット「WHOOSH 液晶クリーナー」。

キーボード専用ではなく、本来は液晶用クリーナー。タッチパネルにも使えると書いてあるので、肌が触れるところでも大丈夫でしょう。メガネにも使えるようです。

 

こちらがセット内容。

WHOOSHスプレー本体、クリーニングクロス、簡易的なトリセツ。

今回は並行輸入品なのでトリセツは英語とかドイツ語らしき言葉とか外国語のみ。日本語はありませんが、絵だけで十分わかります。ぶっちゃけスプレーして拭くだけ。

 

クロスはしっかりした厚み。派手なオレンジが目を引きます。いわゆる極細繊維系のクロスっぽい。ケバだちは少ない感じ。

使ってみる!

さっそく使ってみるぞ!

電機製品に使うときは電源を落とせと書いてありますので、落としました。

こちらが清掃するMacBook Proのキーボード。わざとテカらせた状態です。ええ、わざとです。普段はこんなんじゃないです。本当です。

とても気になるテカリのキーボード

”今回は”ちょっと汚れが多いかな〜〜〜〜。今回はね。

WASDキーがなんだか特に汚れているように見えますが、決してゲームをしていたわけではありません。そう、Macだからね。

 

クリーニングクロスにスプレーを2〜3回プッシュ。軽く湿る程度にしてみました。

液がしたたるほど湿らせると、液がスキマに落ちてしまいショートする危険性もありますので、スプレーしすぎには注意。

 

WHOOSHクリーナーですすっと拭いてみると・・・

 

おおっ!きれいになってる!😃

 

新品同様とはいえませんが、初期のマットな感じがけっこうよみがえりました!

少なくとも目に見えるほどのアブラ感は消えていますね。軽くなでる程度で十分にキレイになります。ゴシゴシやらなくてもOK。

普通のティッシュペーパーで掃除してみるとわかりますが、アブラがのびるだけでテカリが全然消えないんですよね。WHOOSHでやると軽くなでるだけで除去できるのでラク!

もちろんディスプレイも

本来の使い方であるディスプレイにはもちろん最適。

同じくMacBookのディスプレイを軽く拭いてみました。

 

すごい!鏡のようになりました!(手が真っ白くなっていますがカメラの設定がおかしいだけです。すみません。)

 

ディスプレイの汚れもかなり強力に落ちました。

値段はクリーニングクロス1枚入りが1,680円(筆者購入時)で、クリーニングキットとしては普通でしょうか。

キーボード全体を掃除してもスプレーは5回程度しか使わなかったので、かなりたくさん掃除できそうです。クリーニングクロスは水洗いもできるようです。

WTS的まとめ

気になっていたキーボードのテカリがかなり少なくなりました!

とはいえ、手アブラが多い人はすぐにまた汚れてしまいますが、WHOOSHがあれば短時間で消せるという安心感があります。

1週間に1回程度掃除すれば、かなりきれいに保てると思います。

MacBook使いで、キーボードの見た目にこだわっている人は使ってみてください。

コメント