スキのない装備で使いやすいのに6万円台 優等生的15インチ ノートパソコン DELL Vostro 15 5000 レビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日はデルから販売されている、ビジネス用ミドルクラス・ノートパソコン「New Vostro 15 5000 シリーズ_Vostro 5568(2016年9月29日発売)」を借りてまいりました。

15.6インチのディスプレイ、Core i3~i5のプロセッサ、メモリもHDDも標準的な容量、そして手ごろな価格。

どこをとっても「ど真ん中」の装備を整えており、非常に使いやすいモデルです。

さっそく内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

デザイン

今回のモデルのカラーは「エラ・グレー 」。

 

天板は中央にデルのロゴが静かに光る、非常に落ち着いたデザイン。

 

メタリックな塗装で高級感があります。カラーは、ビジネス用途メインのパソコンとしては珍しく、エラ・グレー、ジングル・ゴールド、ミッドナイト・ブルーの3色が選択可能です。

薄さにも注目。ビジネス用パソコンではコスト削減のためにぼってりと厚くなりがちなデザインも、かなり絞り込んでありスマートな印象です。折りたたみ時はわずか19.2mmに収まり、書類が多いビジネスバッグにも余裕をもって入れられそうです。

 

ちなみに普段は見ることのない裏面は、「VOSTRO」のロゴがエンボス加工で記されており、まるでスーパーカーのモデル名のようでカッコイイ。この演出は好きな人も多いのでは?

ディスプレイ

ディスプレイを開けると中は濃いグレーで統一されています。

ディスプレイは15.6インチ。

角度をつけて眺めても色バケはほとんどなく、見やすい。

 

ディスプレイはここまで倒すこともできます。

 

解像度は1366 x 768ピクセルのHDタイプと、1920 x 1080ピクセルのFULL HD高解像度タイプがあります。

FULL HDは最上位モデルのみが選択可能となりますが、プロセッサはCore i5-7200U、メモリは8GB、HDDは1TBと、ディスプレイ以外のスペックも大幅にアップグレードされるのに差額は2万円アップ程度にとどまっており、僕としては非常にお手ごろに感じます。

ベースグレードからオプションを選ぶよりも、最上級モデルを選んだほうがオトクな場合もあります。

おためしお見積はこちらから↓

ポート類

左右サイドに多くのポートを備えます。

VGA x1、HDMI x1、有線LAN x1、USB 3.0 x3、USB 2.0 x1と、数は十分。

古いプロジェクターなどでまだまだ必要となるVGA(D-SUB 15)端子もしっかりと備えています。出先で「ディスプレイアダプターを忘れた!」とあわてることはありません。SDカードリーダーも備えていて、デジカメの写真などをすぐに取り込めます。

キーボード

キーボードは標準的な配列で10キーを備えます。
10キーがあるとエクセルの入力などが非常に便利になりますので、事務処理が多い人にはありがたいはず。

 

キーピッチも広く、指が置きやすい。キーストロークも2mmほどで、しっかりとクリック感があります。とても打ちやすいキーボードだと感じました。

パームレストはヘアライン加工がされており、ここも高級感があります。

ただ、スペースキーやエンターキーなどが、横のキーとつながったような形状になっています。特にエンターキーは誤って「む」キーに触れてしまうこともあり、気になる部分でした。

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。

左下、右下を押し込むと、左/右クリックができます。

持ち運び

上述の通り厚さは19.2mmと薄型で、重さも1.98kgと(わずかですが) 2kgを切っています。たいていの15インチビジネスパソコンは2.3kg前後だと考えると、かなり軽い方だと言えます。

重さは持ち運びやすさにも直結します。毎日持ち運ばなければならないとしても、この重さならゲンナリすることはないのではないでしょうか。

アダプタも非常に小型で、カバンのスキマに入ります。

WTS的まとめ

非常にバランスの良いノートパソコンです。特徴的な機能がない代わりに、どんな用途にもすんなり使える装備を、過不足なく整えてあります。

ビジネスでは最も重視するべき「足りないものがない」、優等生的パソコンだと言えるでしょう。

 

New Vostro 15 5000 シリーズ_Vostro 5568(2016年9月29日発売)