VMware Fusion レビュー レビュー 仮想化(Windows/Mac)

VMware Fusion 8をさっそく全開ベンチマーク!3DMarkの驚きの結果は!?

Mac仮想化に関しては任せてください!どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日バージョンアップしたばかりのVMware Fusion 8 (購入レビューはこちら)。念願のDirectX 10にも対応し、より強力な環境へ進化しています。

今日はさっそくベンチマークを取ってみようと思います!

Direct X対応

VMware Fusionは今回の「8」から正式にDirectX 10に対応しました。待ち望んでいた人も多いはず!

というのも、最近発売されるゲームは多くがDirectX 10以降対応となっていまして、DirectX 9.0cまでしか動かないVMware Fusion 7では、動作できないゲームが増えてきているからです。

ライバルのParallelsは前バージョンからDirectX 10に対応していて、最新ゲームはParallelsの選択が必要となってしまっていました。

今回のバージョンアップで、仮想環境の機能はふたたび横並びとなりました。

ベンチマーク機種

MacBook Pro Retina ’13(Late 2013)

項目スペック
CPUCore i5-4288U 2.6GHz
メモリ8GB
SSD512GB
グラフィックスIntel Iris Graphics 5100
OSOS X Yosemite

Windows 10インストール

テスト環境はWindows 10 Enterprise評価版を使用しています。

以下の仮想環境でインストールしました。

機能割り当て
CPU2コア
メモリ4GB
ストレージ20GB
グラフィックスメモリ1GB

VMware FusionはRetinaにも対応していますので、フルスクリーンにしても自動で表示を適応してくれます。

今回はベースとなるOS X Yosemiteのフルスクリーンモードが安定していますので、フルスクリーンモードを使います。基本解像度もMacBook Retinaの解像度2560×1600を使用しています。

 

Windowsのインストールはまた特集しますが、非常に簡単です。

VMware Fusion 8 Review 015

VMware Fusion 8 Review 016

3DMark(2013)

さっそく3DMarkでベンチマークをとってみます!

DirectX 10までとなるため、動かせるテストははIce Storm、Cloud Gateの2つとなります。

VMware Fusion 8 Review 000

Ice Storm

まずIce Stormの標準テスト。

動きはなめらかです!
仮想環境とは思えない十分な滑らかさ。普通にゲームとしてもストレス無く遊べそうなレベル。

ところどころでは100fts超えを見ることもあり、スペックとして上々でしょう。

VMware Fusion 8 Review 007

結果スコアは14240!!

VMware Fusion 8 Review 001

軽い3Dゲームなら十分に楽しめる範囲です。

Cloud Gate

続いてCloud Gate。

こちらもオブジェクトが少ない範囲ではなめらかに動きます。ですが大きなオブジェクトが画面を覆うような画面はガクガクしていますね。コマ送り状態になる場面もしばしば。

スコアは3023

VMware Fusion 8 Review 002

3DMark 06

恒例の3DMark 06でも計測しました。

画面の動きは7までとそんなに変わりません。遅くなる場面もほぼ変わらず、3DMark 06(DirectX 9.0c)への対応はほぼ限界だとみていいでしょう。

結果は4591。(一発計測)

VMware Fusion 8 Review 003

前回は4713ポイントでしたので、わずかに悪いとも言えますが、ほぼ誤差の範囲です。メモリ量をいじったり、グラフィックス設定を変えたりすればまだ伸びる余地があります。

DirectX 9.0cの処理に関しては、チューニングも限界にきていると言えそうです。MacBook Pro RetinaのIntel Iris 5100上ではここがMAXでしょう。

さらに速くしたいならMacBook ProのGPU付きや、Mac Proを買えということですね。(笑)

安定度は高い

ベンチマークは本体にもかなり負荷がかかりますが、ソフトとしてのデキにもかなり関わります。デキが悪いと途中で停止したり、最悪仮想環境が強制リセットを食らったりします。

VMware Fusionは最新ゲームのベンチマークを十分こなせる、安定度の高い仮想化ソフトと言えます。

WTS的まとめ

まずはベンチマーク速報でした!

十分な速度でベンチマークをこなすことができ、今回もパフォーマンスの高さは健在です。ですが3DMarkに関しては、Parallelsの「ゲームモード」のほうが少し高いスコアを記録しています。

とはいえ、VMware Fusionにはゲームモードのようなあからさまな設定(笑)は無いので、グラフィックの調整でスコアが変化するのか、これから研究してみます。

Windows 10の動作も安定していて、気になる部分やエラーはまったくありません。仕事でも安心して使えそうです。

VMware Fusion 10 [最新版]

(※最新のVMware Fusionは、VMWare Japan 公式サイトからのダウンロード販売のみ提供されています。)


※下記サイトでは旧バージョンの「VMware Fusion 5 以前」のパッケージ版のみ販売しています。最新版ではありませんので、購入されないようご注意ください。

Amazon楽天市場で購入 | Yahooショッピングで購入