指先サイズの小ささで最新Bluetooth 5.0に対応!TP-Link UB500 ナノUSBアダプタレビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

イヤホン、マウス、キーボードなどなど、さまざまな機器を無線でつなぐことができるBluetooth(ブルートゥース)規格。

その最新バージョンである「5.0」に対応した極小のUSBアダプタがTP-Link「UB500」です。

執筆時点(2021/11月)ではBluetooth 5.0対応の機種まだ少なく、保証があるのかどうかもわからないマイナーメーカーのものしか見つかりません。

その点、Wi-FiやBluetoothで非常に実績のあるTP-Link製という点も安心できます。なんと保証は3年も付いています!

さっそく使ってみましょう!

  • 親指の先ほどしかな極小サイズ
  • 最新規格Bluetooth 5.0対応
  • 高速で安定した通信

TP-Link UB500の公式サイトはこちらから

大きさ

大きさは14.8 × 6.8 × 18.9 mmという極小サイズ。

 

手のひらと比べるとこれほどの小ささ!抜いたときは無くさないように気をつけたい。

 

メーカーロゴが付いたシンプルなカタチです。激安メーカーの製品は、このプラスチック部分がガタガタしていたり、すぐに割れたりするのですが、UB500はしっかりした固さ。何度も抜き差ししても、ガタつきはまったく感じません。

Windows 10 / 11でもすんなり認識

Windows 10を搭載したマシンに取り付けてみます。

 

差し込むと頭の部分が5mmほどしか出っぱりません。カバンに余裕があれば、取り付けたまましまえそうです。(※強く押されたり、引っかかったりすると故障する可能性があります。長く移動するときは抜いておいた方が安全です)

 

認識はすんなりで、特にドライバのインストールは求められませんでした。(Windows 10 / 11ともに)

そのままWindowsのBluetooth設定画面から、ヘッドホンと接続(ペアリング)ができました。

離れても切れにくい

Bluetooth 5.0にも対応したヘッドホン「Bose Noise Cancelling Headphones 700」と接続してみます。

 

いままではPC内蔵のBluetooth 4.0で接続していました。部屋の中にPCを設置し距離を取っていくと、家の玄関を出たあたりで途切れ始めました。(直線約7~8mほど)

次に、UB500に接続し直し、距離を取ってみます。

今度は玄関を少し出て(3~4m)もまだ通信は安定しています。そのまま30歩ほど歩いてみたあたりで途切れ始めました。直線で15m以上はなれています。

体感では、倍ぐらいの距離でも安定した通信ができています!

 

Bluetooth 5.0は通信速度の高速化はもちろん、接続範囲の強化もされています。規格の理論値では、見通し400mまでつながるとされています。

Bluetooth 5.0対応機器を揃えれば、ノートPCからかなり離れても、途切れずに音楽が楽しめそうです。

WTS的まとめ

極小サイズで最新のBluetooth 5.0を導入することができました。Windowsならむずかしいドライバインストールも必要なく、すぐに最新技術の恩恵を受けることができます。

価格も1,500円前後と非常にお手ごろ。

Bluetooth 5.0対応機器を購入する際は、ぜひレシーバーをUB500にし、快適な無線環境を作りたいですね!

コメント