SSHDの効果はソフトによる 有効な使いドコロとは?東芝MQ01ABF050Hレビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

最近ごく少数ではありますがSSHD(エス・エス・エイチディー)というものが販売されています。これはパソコン用の記憶装置(ストレージ)なのですが、HDDとSSDの長所を合わせ持ったハイブリッドなパーツです。

今日は東芝製のSSHD MQ01ABF050Hを買ってきました。

ちょっとクセのあるこのストレージの有効な使い方とは?

スポンサーリンク

SSHDとは?

まず記憶装置の分類を見てみます。現在は大きく2種類ありまして、

  • HDD(ハードディスクドライブ)
  • SSD(ソリッドステートドライブ)

です。

HDD

HDDは中にディスク(円盤)が入っていて、そこにデータを書き込んでいきます。ディスクを回しながら書き込んだり読み込んだりするのでデータのやり取りに時間がかかります。つまり遅い
しかし大容量で安価に入手できるのが特長。

 

SSd Solid State Drive

対してSSDは中にチップが入っていて、何も動くものがありません。超高速でアクセスできます。ただし現在はHDDと比較すると非常に高価です。価格は下がりつつありますが、同じ容量でHDDの2~4倍の価格となってしまいます。

どちらも一長一短なんですね。そこで生まれたのがSSHDです。

内部に小さな容量のSSDを持っていて、よくアクセスするファイルはSSD部分に置いておき、すばやく返せるようになっています。またデータ自体はHDDに書き込むので大きな容量を安価に実現できます。

つまりHDDよりちょっと速くてSSDより安価、という位置取りです。

買ってきました

で、買ってみました東芝製の500GB + 8GBのSSHD、MQ01ABF050Hです。

東芝SSHD MQ01ABF050H Review 001

 

今回はメイン機として使っているNEXTGEAR-NOTE i5700に搭載するため、7mm厚のものを探してきました。

東芝SSHD MQ01ABF050H Review 003

 

SSHDはもともと数が少ない上に、7mm厚のSSHDはほんの数種類しか発売されていません。多く出ているのはSeagate製ですが、ぼくと大変相性が悪いので(笑)、東芝製を買いました。もう一つはWD製でしたが高かった。

ベンチマーク

さて搭載してみました。
ベンチマークをとってみましょう。

東芝SSHD_MQ01ABF050H 001

普通のHDDと比べると、ちょっとシーケンシャル読み込みが速いですが、だいたい変わりません。

ただし、SSHDは「学習」という工程を通して、SSD部分に置くデータを決めていきます。何度も同じデータにアクセスしているものを見つけ出し、SSD部分に置くわけですね。

なのでこういった1回だけのベンチマークではSSHDの効果は出にくい、というかほぼ出ない、ということを押さえておいてください。

 

ちなみに大容量データをコピーするとおもしろい現象が。

最初はめちゃくちゃ速く始まり、ある程度コピーした時点でガクッと速度が落ちます。最初はSSD部分で受け取れるだけ受け取り、それから遅いHDDのに書き込むのでしょう。

ドライブの性格がよく現れています。

体感

問題は体感ですね!

Lightroomや大容量ゲーム(GTA V、Mad Max)を動かしてみました。これらはSSHDに入れる前は7200rpmのHDDに置いてありました。どう変わったか感触を書いてみます。

Adobe Lightroom

写真5000枚、25GBのカタログを入れてみました。

何度も同じフォルダにアクセスすると、目に見えて速く開きます。しっかりとSSDキャッシュが効いている感じです。プレビュー画像のような小さくて大量のデータには相性が良いですね!

効果ありです。

Grand Theft Auto V (GTA-V)

総容量65GBという、アホなデータ量を誇る有名な暴力ゲーム(お子様厳禁)。シーンの切り替え、場所の移動など、特に体感できる差はありません

車で長く走ってみましたが、読み込みによる速度低下は少ない・・・かも?

効果はわからず

Mad Max

古い映画でも有名な、ポストアポカリプス世紀末覇者ゲーム。総容量32GB。

マップの読み込みがわずかに速くなりました。20秒だったところが12~15秒ぐらいになったかな、という感じ。何度も同じ場所にファストトラベルすると少し速い感じ。

効果は気にすればちょっと分かる程度

WTS的まとめ

小さく大量で、同じデータに何度もアクセスするようなOSドライブや、Lightroomなど大量のファイルを扱うソフトには向いていると思います。

SSDキャッシュ容量は8GBしかないので、ゲームのように数GBレベルのデータを出し入れする場合は、効果は出にくいと感じました。

結論として「Windowsが遅いと感じているけどSSDは高価すぎる」という場合に試してみるのはいいかもしれません。

ただしSSDのような明らかな高速化は期待できないので、要注意です。