Windows 使えるツール紹介

なぜ中古パソコンでThinkPadを選ぶのか?5つの理由

僕は自分のもの他人のものを含めて中古パソコンを結構買います。(多い時で1年10台ぐらい)

中古パソコンはたいていヤフオクジャンクワールドで調達するのですが、特に相手の指定がない限り機種はThinkPadを選びます

今日は僕がなぜThinkPadを選ぶのか、5つのポイントを挙げてみます。

1. 丈夫

ThinkPadはとにかく丈夫です。

もともと業務使用を意識しているので、ちょっと落としたりぶつけたりしてもそうそう壊れないような作りです。最近はThinkPad X1 Carbonのような超薄型ウルトラブックも出していますが、それでも丈夫さを最重視する姿勢は変わっていません。

ただしその分、オシャレ感があまりありません。ゴツくて男っぽいです。
(別シリーズのIdeaPadは、比較的おしゃれな家庭内使用や女性を意識したデザインです。)

2. 価格がこなれている

次に価格です。

ThinkPadは大企業で一気に何十台と導入することも多く、玉数が豊富です。企業のリースですとたいてい5年で交換となるため、大手の会社でリース期間が終わったものが何十台とオークションに出てきたりします。

すると同じスペックのマシンが中古市場で豊富になり価格が下がってくるため、他メーカーの同等スペックのマシンより1割〜2割程度安く手に入ることもあります。お得です。

3. キーボードがヘタレない

ThinkPadはキーボードの設計も非常に良いです。

僕はパソコンのキーボードにはかなりこだわっており、デスクトップでは2万円近くするRealForceという高級キーボードを使っています。指に軽く力を入れるとクッと下がり、トンッと硬めの底づき感があり、適度な反発で上がってくる。

わずかなタッチ感で疲れや楽しさがぜんぜん変わります。

ノートPCは交換ができないのでより慎重に選ぶ必要があります。キーボードが良いと思えるノートPCはThinkPadとパナソニックのLet’s Noteのみ。(最近は富士通、HPも良くなってきています。)

特に硬めの底づき感はボディのフレームがしっかりしていないと出せません。プラスチックのヤワヤワボディでは実現できない感触です。

丈夫なフレーム設計はお金がかかる割にユーザーはほとんど気づかないので、けっこうおろそかにされてしまう部分です。使い比べるとわかるのですが・・・

ThinkPadはハードな使用を前提としていますので、5年落ちでもヘタリが少ないことも良い部分です。

4. 説明書とドライバが充実している

普通はあまり気にしない部分ですが、ひそかに重要なのがマニュアルとドライバソフト

ここもまた業務用途が多いThinkPadならではの充実度。10年以上前の機種のものでもフツーにダウンロード可能です。(Lenovo サポートページ

しかも、同じ機種でOSのみを載せ替えることも考えられており、Windows 7を使ってきたけどそろそろWindows 10にしようかな〜というときでも、Windows 10用のドライバが手に入ったりもします。(もちろん対応は機種によります。提供のない機種もあります。)

これ、ものっすごいありがたいです。

古いOS用のドライバしかないと、買ってきてもすぐ使えなくなってしまう場合があります。例えばサポートが終了したXP用のドライバしか存在しなければ、Windows 10を入れることもできず、使うことはできません。(Linuxなどを入れる手もありますが、別モノになってしまいますね)

ThinkPadはけっこう長い期間にわたってドライバを用意してくれます。

 

マニュアルも素晴らしい。

操作方法やスペック表がついているのは当然ですが、なんと部品レベルでの分解図が必ず載っています。

ThinkPadマニュアル 見本

CPU、さらにマザーボードの取り外しまで解説してあるマニュアルなんて、ThinkPadぐらいのもんです。(ちなみに個人による分解は保証対象外になりますから、むやみにバラしてはいけませんよ)

中古品は保証が切れている場合がほとんど。修理も自分でやることが多くなりますが、マニュアルがあればかなり深い整備でも安全、確実に行えます。

しかも5年前の機種でもマニュアルがそろっています。ありがたい。

5. 部品が手に入りやすい

玉数が多いということはここにも影響があります。部品です。

ヤフオクをみるとわかりますが、ノートのモニタ部分だけ、電源のフタだけ、マザーボードだけなんていうパーツが、かなりたくさん販売されています。しかも格安で。

ヤフオク ThinkPad パーツ

他のどのパソコンと比べてもThinkPadの部品が多い気がします。

ちょっとした部品なら(いや、ちょっとしない部品でも)たいていヤフオクで調達できてしまいます。

  • ぶつけて液晶が割れた!>ヤフオクで画面のみ調達
  • マザーボード不良の警告が出た!>ヤフオクでマザーボードのみ調達
  • HDDが壊れた!>新品や同等中古を調達

と、もうやりたい放題です(笑)。ヤフオクさまさま。

以前友人に格安で調達したThinkPadは、HDD、光学ドライブ、マザーボードまで交換して使い続け、合計(製造年から)8年も使っていました。金額は6万円も行っていないはずです。1年に1万円以下で使えていたんですね。

WTS的まとめ

僕がなぜ中古を買う時はThinkPadを選ぶのか、大きな5つの理由を挙げてみました。

最近はメインパソコンをMacBook AirにしてしまっているのでThinkPadにはたまにしか触りませんが、ときどき開いては文章を打ったりしています。そしてキーボードにニンマリしてます。

このごろはi5搭載のモバイルThinkPad X201あたりがいい感じの値段になってきたので気にしてます(笑)

(※2017年現在、ThinkPad X1 Carbonをメイン機にしています。MacBookは制限が多くてやめました)

 

ThinkPadは壊れにくく、また壊れても直しながら長く愛用できる良いパソコンです。ご参考になれば幸いです。

 

ヤフオクよりも安心な中古パソコン店!

パソコン上級者ご用達!テストも梱包もしっかりしている激安中古屋「ジャンクワールド
筆者が毎年数万円は購入している中古店です。テストをし、けっこうキレイにして、厳重な梱包で送ってきます。好感度高い。

商品一覧