Nintendo Switch到着!とにもかくにもファーストレビュー

ついに発売されました!任天堂の新ハード「Nintendo Switch」。

アマゾンで予約していたので、発売と同時に入手することができました!購入したのは本体、キャリングケース、ソフト「1-2-Switch」。

すでに個人やニュースサイトで多数のレビューが上がっていますが、とりあえず僕もレビューしてみようと思いますよ!

スポンサーリンク

内容物

箱です。

 

開けます。

 

本体とJoy-con(コントローラー)登場!
色はネオンカラー。
わくわくするね!

 

一段下にはACアダプタやHDMIケーブル、ドックなどが入っています。

そのままで起動!

とりあえずTVは、子供が「ひつじのショーン」を見ていて空かないので(;^^ 、まずはポータブルモードで起動してみます。これ便利!TVに縛られる時代はいよいよ終わりですかね。

 

スタンドをクイッと出すと、すぐに立てられます。
ただ、スタンドは細いうえに片方しかないので、けっこう不安定。ちょっとした振動で倒れる。

 

本体は7インチぐらいのタブレットそっくり。
Amazon Kindle Fire HD 8と重ねてみました。サイズ感はこんなところ。

 

裏面は大きいロゴが。塗装はサラッとしていて、マットな質感です。

続いて本体の各部をチェック!

各部をチェック

ゲームカードスロットは上側。

 

イヤホンジャックや電源、音量ボタン、排熱口があります。

 

裏面の穴はスピーカーかと思いましたが、どうもこれも排熱口のようです。
CPUにはnVidia Tegraのカスタムチップを使っていますが、けっこう熱量があるのでしょうか?それとも安定性重視ということかな?

 

充電も兼ねたUSB Type-Cポートは底面に。

Joy-con

コントローラーとなるJoy-con。
ネオンカラーは楽しげな色です!

 

ちなみにけっこう小さい。
成人男性なら手の中に納まってしまうほどの小ささ。
巨大なXBOXコントローラーとは対極にいます。

 

この小ささですがボタンは豊富。
スティック、ABXYボタン、ホーム、上面にも2つのボタンが。

この小さな十字キーはなんだろう?
あ、左を見たら「-」がありました。「+」「-」ボタンということですか。

 

ちなみに本体と合体するレール側にも小さなボタンが!「SR」「SL」ボタンというようです。

Joy-conストラップ。
本体と合体させるとストラップ付のコントローラーとなります。こちらの方が大きくて持ちやすい。

 

SR、SLボタンも押しやすくなる。

 

Joy-Conグリップも付属。これに合体させると一つの大きなコントローラーとなります。この形・・・なんとなく形的にDreamcastのコントローラを思い出すな。

ドックを見てみる

TVとつなぐにはこの「ドック」に差し込みます。

 

TVへの接続のほか、充電器も兼ねています。ここに挿しておくだけで充電されるので便利!

 

裏側にはフタがあり、この中にACアダプタ・USB・HDMIポートがありました。

ふたを開けたところ。特に何もなく、がらんとしています。

ケーブルを挿す部分。

 

配線はきれいに隠せる。

ということで起動しました!

無線の設定をしたり、Miiの登録をしたりして、本体が無事に起動!
さっそく「1-2-Switch」を試してみます!

 

次のレビューへ!