Nintendo Switchの純正キャリングケースを試す!ピッタリで小物も持ち運べる

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日購入したNintendo Switchのレビューの続編です。今日は純正のキャリングケースを試してみます!

Nintendo Switchは持ち運べるのも特長ですが、傷付けたり、落として壊したりする場合があるでしょう。キャリングケースに入れておけば、かなり強力に保護してくれそうです。

スポンサーリンク

キャリングケース

買ったのはこれ。任天堂純正のキャリングケース。なんと画面保護のシートもついている!オトク。

 

こちらがキャリングケース。

表面は布張りで、ロゴマークがしっかり入っています。

 

非常に柔らかく、厚さがあるので、しっかりとショックを吸収してくれそう。
内側は起毛のフェルト素材。

 

画面保護シートが付いています。普通のフィルムタイプ。

まずはフィルムを貼る

まずは傷つける前に画面にフィルムを貼りましょう。

僕はデジカメでもタブレットでも、すべてにフィルムを貼るフィルムマニアなので、貼り付けはキタムラの店員並みにうまいです。ホコリ一つ入れずに貼るぜ!

まずは添付のシールで画面をぺたぺたしてホコリを取ります・・・が、このテープ、吸着が強力すぎです。はがせないほど貼りつく。もっとノリが弱くてもいいです>任天堂さん

 

フィルムの下半分をはがして、スピーカー穴を参考にピタッと合わせます。

 

布などでこすって空気を追い出しつつ、上に進みます。半分貼りついたら上のシートをはがし、貼っていきます。

 

どうじゃ!空気一つない完璧な仕上がり!

 

ケースの使い勝手

ケースもいろいろ工夫してあって使いやすい。

中央のメッシュ部分にはストラップが入ります。

 

上側にはカートリッジが5個入れられます。

 

あと、中央の仕切りを立てると、Switchを安定して立てられるようですね。今回は試してないのでまたやります。

Joy-conをつけたままぴったりと収まります。

 

でもジッパーを閉めてみると、なんかコントローラのスティックのあたりが膨らんでいますが・・・ちょっと気になる。

 

強く押されたりすると、スティックが損傷してしまうかもしれませんね。気を付けましょう。

重さ

キャリングケースと本体一式、カートリッジ1枚を入れた重さは578gでした。手軽に持ち運べますね!

WTS的まとめ

純正のキャリングケースはピッタリで気持ちがいいですね!フィルムもお得感があります。

常に持ち運びたいならぜひ使いたいケース。