NEXTGEAR-NOTE i5910のVR対応レベルは?

Oculus RiftやHTC Viveなどで盛り上がってきたVR環境。

今日はG-TuneのハイスペックノートNEXTGEAR-NOTE i5910がどこまでVRに対応できるのか、調べて行きたいと思います。

GeForce GTX 980Mは半年前ならモバイル最強のGPUと言えましたが、日進月歩のゲームの世界ではすでにミドルスペック扱い。Steam VRのベンチマークではこのようになりました。

screenshot_0081.png

 

スペックはCore i7-6700HQ、GTX 980Mとなります。VR対応はできているというレベルですね。もうすこしスコアが上がれば快適段階に入りそうですが、ノートではクロックを上げたりはできないのでここまでです。メモリを32GBなどにすればほんの少し上がるかもしれません。

今後さらに要求解像度やフレームレートが上がってくると厳しそうです。

ちなみにNEXTGEAR-NOTE i5910GPUの完全切り替え(CPU内蔵GPUを介さないで直接出力)が可能です。

少し前のノートではGPUの出力を一旦内蔵GPUを通して出力したため、VRや4Kで画像が乱れる、表示されないといった問題が起こりました。i5910ならその点は心配いりません。

2016-04-12_00h08_12.png

 

未来を見据えたハイスペックを考えたいのなら、G-TuneにはNEXTGEAR-NOTE i71000i71101といったモンスターレベルのマシンがあります。

これらならVRも余裕なので、ノートメインで本格的にVRを考えているならこちらですね。

2台のモンスターマシンについてもレビューしています。よろしかったらご覧ください。

完全なるモンスター!GTX 980Mを2基 SLIする頂天のゲーミングノート NEXTGEAR-NOTE i71101レビュー!

ノートなんてパワー不足で使えねー!よろしい、ならばNEXTGEAR-NOTE i71000だ 実機体験レビュー!

 

マウスコンピューター/G-Tune

■掲載ベンチマーク結果についてのご注意■

ベンチマーク結果は選択したスペックによって大きく上下します。また機材の入手時点(記事の掲載日付は最上部に掲載)での結果となりますので、掲載から時間が経っている場合はマイナーチェンジ等により数値が変わることがあります。

上記は入手した機材において個人的に計測したもので、メーカー公式発表ではありません。目安としてお考えください。