小型・強力、そして静かになった!13インチゲーミングPC NEXTGEAR-NOTE i3501

NEXTGEAR-NOTE i3501  Review 112

またまた13インチのゲーミングノートを入手しました!いま家に9台のパソコンがありますがどうしたらいいですか?自分の居場所がないオオタ アベル(@LandscapeSketch)です。こんにちは。

 

今日入手したのはマウスコンピュータの新型コンパクトゲーミングマシン、NEXTGEAR-NOTE i3501

マウスコンピュータ内のランキングでも長い期間1~2位をキープしていた大人気機種”NEXTGEAR-NOTE i420″の後継機種となります。

人気のボディ形状は維持しつつ、GPUがGTX 900に世代が変わりよりパワフルになった鉄板機種!何が変わり、何が変わらなかったのか、レビューしていきましょう。

スポンサーリンク

今回レビューしている商品はこちら

スペック

まずはスペックを見てみましょう。今回のモデルはCore i7を搭載する139,800円(税別)からのミドルクラスです。

この下にはCore i5を搭載する129,800円(税別)のモデル、上には大容量SSDをRAID 0で接続する20万円超えのプラチナモデルなども用意されています。

項目スペック
OSWindows 8.1 64-bit
CPUIntel Core i7-4710MQ (4コア / 8スレッド)
メモリ8GB
メモリスロット (空きスロット)2 (1)
グラフィックスIntel HD Graphics 4600
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 960M 2GB
ストレージSATA 500GB
光学ドライブなし
ディスプレイ13.3インチ ノングレア IGZO
解像度2,560×1,440
ポート類D-SUB、HDMI、USBx4
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 b/g/n
有線LANあり
サイズ330×227×31.9 mm
重量2.1kg

大きく変わったのはやはりGPU。前代はKepler世代のGTX 860Mを採用していました。今回はMaxwell世代のGTX 960Mと進化しています。

Maxwellは高い電力効率と強力な計算力がポイント。高い電力効率ということはイコール低発熱、低騒音化が実現できるということです。これはまさに小型ゲーミングマシンにうってつけの設計でしょう。

形はキープコンセプト

まずボディをざっと見ていきます。全体的には前代のi420とほとんど変わっていません。i420は小型で持ちやすく、ソリッドなデザインが評判でしたからキープコンセプトで正解でしょう。
NEXTGEAR-NOTE i3501  Review 106

天板はさらっとしたブラック塗装。G-TUNEのロゴがカッコイイ!
NEXTGEAR-NOTE i3501  Review 017

ゲーミングパソコンの中では比較的薄型で、片手でラクにもっていける大きさ。

IGZOディスプレイ

ディスプレイはIGZOを使用した2,560×1,440もの超高解像度。さらにゲーマーの長時間プレイを考え、目にやさしいノングレア液晶を採用しています。

どの角度から見ても高精細で、色化けもほとんど観られませんでした。
NEXTGEAR-NOTE i3501  Review 105

写真編集やデザイン作業でも十分満足できそうです。

i420の問題点

前代のi420は一時期、ぼくも買って持っていました。

ですがけっこう熱い風を左に排出し、最大負荷時にかなりのファン音(けっこう高音で、ヒィィィンという音)が気になり友人に売ってしまいました。15インチフルスペックゲーミングマシンにさえ静音化を望むぼくとしては、i420の熱とファンの音は「ちょっとな・・・」だったのです。

もちろん全然気にしない人が多いとは思いますが、ヘンな人もいるということで(笑)。

ベンチマークを取るときにはファンの音も注意していきます。

3DMark

まずは定番3DMark。
i3501-3DMark

テストスコア
Fire Strike4068
Sky Diver12545
Cloud Gate15907
Ice Storm49359

Fire Strikeでも4000を超え、かなりの計算力だとわかります。

他のテストは余裕で、なめらかに動いていました。最新ゲームでも余裕を持って対応できます。ただAAAクラスのゲームではFULL HDはギリギリかもしません。

ドラゴンクエストX

軽量ゲームドラゴンクエストXです。こちらはまったくの余裕。

FULL HD(1920×1080)で11,000ほどでした。

FF14 エオルゼア

FF14 エオルゼアは1600×900の最高画質では8036、当マシンの最高解像度2560×1440の最高画質では3645というスコアとなりました。

2560×1440の解像度ではキャラクターのエッジが非常になめらかで感動です!この解像度でも「快適」を出してしまうポテンシャルもすごい。

2015-06-19_23h37_15

2015-06-19_23h31_17

ファン音はどうだったか?

基本的なベンチマークを取ってみましたが音はどうだったかというと、i420からかなりの改善が見られました!

まずアイドリング時のファンは非常に低速、もしくは停止する場面もあり、Core i7とGTX 960Mの省電力性が活かされていると感じます。

 

とはいえゲームを始めればそれなりのファンの音になります。i420より音質が低音になりましたが、それでも「静か」とは言いがたい音量です。

13インチの面積で小さなファンで冷やすのですから、ここは仕方がない部分でしょう。夏場はノートパソコンクーラーなどを使用したほうが基板にやさしいですね。

WTS的まとめ

小さく持ち運べるゲーミングマシンとしてしっかりと完成されています。

軽く・小さいのでいつもはしまっておいてプレイ時だけサッと出す、という使い方も可能ですね。狭い部屋でも場所を専有せず、有効に使えます。

次回はモンハンなどのベンチマークを取りながら細部の造りをレビューしていきます。

i3501

NEXTGEAR-NOTE i3501のキャンペーンページはこちらから!

■価格やスペックについて■

価格やスペック、オプション品、キャンペーン等は記事掲載時点(記事の掲載日付は最上部に掲載)での内容となります。構成内容は予告なく変更、終了する場合がございます。ご購入前には必ずスペックと価格を再度ご確認ください。

■掲載ベンチマーク結果についてのご注意■

ベンチマーク結果は選択したスペックによって大きく上下します。また機材の入手時点(記事の掲載日付は最上部に掲載)での結果となりますので、掲載から時間が経っている場合はマイナーチェンジ等により数値が変わることがあります。

上記は入手した機材において個人的に計測したもので、メーカー公式発表ではありません。目安としてお考えください。