LaVie NS(e)のキーボードとタッチパッドを検証

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日本体外観をレビューしたNEC LaVie NS(e)の続きです。今日はキーボードやタッチパッドを詳しく見てみます。

スポンサーリンク

キーボード

キーボードはテンキーも備えたフルサイズ。キーとキーが離れて配置されるアイソレーションタイプで、打ちミスを低減します。
NEC Lavie NSe Review 010

 

キー自体や下のパネルもボディーカラーと揃って真っ白。とてもスッキリしていますね。もちろんブラックやレッドのモデルはキーの色も変わります。

キーはほどほどの反発感と大きさで、打ちやすい。深さは1.5mmほどです。打鍵音もパタパタという音で、静かめ。
NEC Lavie NSe Review 015

 

テンキーはエクセルや帳票など数字を多用する場合に便利です。
NEC Lavie NSe Review 016

特殊キー

電源ボタンの横には2つの特殊キーがありまして、「マイチョイス」と「ソフト」。
NEC Lavie NSe Review 018

マイチョイスボタンは自分のよく使うソフトを登録しておくと、ワンタッチで起動できるボタン。メールやブラウザなど、必ず起動するソフトを登録しておくとラクですね。

ソフトボタンは「ソフト&サポートナビゲーター」というNECオリジナルソフトが起動。ここから目的にあったソフトを探すことができます。

タッチパッド

タッチパッドは大型の1プレートタイプ。
NEC Lavie NSe Review 017

 

右左クリックはタッチパッドの下フチの方を押す操作になります。ちょっと押し下げは硬めで、クリックが多い場合は指が疲れてくるかもしれません。

もちろん「トンッ」と叩いてクリックするタップ機能も付いています。普段はこの操作でいいでしょう。

2本指によるスクロールなどのジェスチャー操作にも対応しています。ブラウザをささっとスクロールするときに楽ですね。

ACアダプタ

ACアダプタは小型・軽量です。本体と一緒に持ち歩いてもだいじょうぶ。
NEC Lavie NSe Review 001

WTS的まとめ

本体の仕上げが日本的なLaVie NS(e)ですが、特殊キーやオリジナルソフトなどもやっぱり日本人的。細かな気配りがありますね。

タッチパッドはクリックがもう少し軽いといいなと感じます。

 

NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct NS(e)

NEC Direct NS(e)のクーポンページはこちらから!