デザイン作業に強力なGPUパワーを!マウスコンピュータ m-Book W (MB-W830B) レビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

最近のAdobeソフトや動画編集ソフトでは、グラフィックボード(GPU)を搭載したマシンを使用すると処理速度が飛躍的にアップします。

具体的には表示の高速化、エフェクト処理の高速化、動画書き出しの高速化などが挙げられます。

しかし店頭に並んでいる普通のノートでは、GPUを搭載したものは数えるほどしかありません。高価になるので店頭では選ぶ人が少ないのです。

そこでマウスコンピュータです。GPUは主にゲームで使われることが多いので、ゲーミングマシンを数多く販売しているマウスコンピュータが有力な候補となります。

今日はグラフィックボード搭載のクリエイター向け17インチパソコン「m-Book W (MB-W830B)」をレビューしますよ!

スポンサーリンク

スペック

レビューするのはCore i7、16GBメモリ、500GB SSD、GeForce GTX 960Mを搭載するハイスペックモデルになります。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64-bit
CPUIntel Core i7-6700HQ (4コア / 8スレッド)
メモリ16GB
メモリスロット (空きスロット)2 (0)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 960M (2GB)
ストレージSSD 500GB
光学ドライブブルーレイドライブ
ディスプレイ17.3インチ
解像度FULL HD (1920×1080)
ポート類USB3.0 x4、HDMI x1、mini DisplayPort x1、D-Sub x1、SDカードリーダー
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 b/g/n
有線LANあり
サイズ413 x 285 x 31.9 mm
重量約3.0 kg

落ち着いた外観

外観は落ち着いていてスタイリッシュな黒一色。装飾らしい装飾もなく、まさにプロ用という佇まいです。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 001

キーボード

キーボードは打ちやすく キーの配列の配列も良い。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 014

 

ストロークも1mm以上ありしっかりした打ち心地です。プロの仕事用として問題のない仕上がり。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 011

 

数値入力に便利な10キーもついています。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 013

バックライトも搭載しているので多少暗いところでも作業が可能です。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 010

タッチパッド

タッチパッドは2つの物理ボタンを備えるオーソドックスなタイプ。正確な操作にはやはり物理ボタンが欠かせません。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 015

 

ボタンは少し深めでカチッというクリック感があります。パームレストはすべりにくい素材が使われています。

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 016

光学ドライブも装備

最近は使う機会は減りつつありますが、プロのクリエイターはDVDやCDなど、まだまだ光学ドライブを使うこともあるでしょう。映像、音源の素材集はまだまだDVDが現役ですからね!

マウスコンピュータ MB-W830X2-SSD Review 019

豊富なポート類

17インチの大きさなのでポート類は非常に豊富

USB3.0 x4、HDMI x1、mini Display-Port x1、VGA x1、有線LANとデスクトップ機並のポート類を装備。通常仕様で不足を感じることはほぼ無いでしょう。

使用感

全体的な使用感ですが、OSの操作はどこもかしこもサクサク。引っかかりを感じることはまったくありません。

PhotoshopやIllustrator、Premiereなどの重量級デザインソフトもSSDのおかげで起動が早く、そのうえGPUの支援効果で非常になめらかに動作します。

特にPremireはGPU無い機種では、スライダを動かしてもガクガクと映像が追従してくる感じですが、m-Book Wではスライダにぴったりと追従して見ている場所が非常によくわかります。
単純に編集しやすい。

PhotoShopやIllustratorも拡大縮小がグリグリと動かせるようになったり、これまた編集がやりやすくなります。

もちろん3Dグラフィックス、CADデザインは当たり前のごとくGPUが必要になります。むしろ付いていないノートが使いものにならないでしょう。m-Book Wなら出先での3Dグラフィック修正まで可能になります。

WTS的まとめ

派手な装飾が全く付いていない地味なノートなのに、GTX 960Mを搭載するハイパワーノートです。明らかにプロ用途を目指した設計が好印象です。

デザイン、写真編集、3Dグラフィックスまで、机に縛られずどこでもハイパワーで編集できますので活用の幅はとても広いでしょう。

持ち運べるデザインワークステーションを考えているのなら、m-Book Wは有力な選択肢となるでしょう。

 

■価格やスペックについて■

価格やスペック、オプション品、キャンペーン等は記事掲載時点(記事の掲載日付は最上部に掲載)での内容となります。構成内容は予告なく変更、終了する場合がございます。ご購入前には必ずスペックと価格を再度ご確認ください。