WindowsのスマホMADOSMA[マドスマ]を体験レビューしてみた!

MADOSMA(マドスマ)というスマホをご存知ですか?

日本では(というか世界でも)かなりマイナーな、Windowsを搭載したスマホです。いわゆる”Windows Phone”のひとつ。

Windows Phoneはマイナーで買う人も少ないためか、Docomo、au、Softbankといった日本のキャリアからはここ数年、新機種さえ出ていません。先日までは、Windows Phoneを使いたいなら海外から個人輸入するしかないという状態でした。

しかし!ここにきて我らがマウスコンピュータが突然Windows Phoneを発売!

なぜ!?
というかマジで驚いた。

それがMADOSMA(マドスマ)なのです!

「Windows Phoneなんてマイナーすぎてwww」とひとことで片付けてしまうのはカンタンですが、使ってもみないうちから良し悪しは判定できません。ということで実機を入手したので体験レビュー行きますよ!

MADOSMAがやってきた

さあさあ、MADOSMAがやって来ましたよ!
Madosma Review 011

Zenfone 5と比較した大きさ。
5インチ同士なのでかなり近い大きさ。MADOSMAがわずかに短い。
Madosma Review 001

Zenfone 5より少し薄いです。
左がZenfone 5、右がMADOSMA。
Madosma Review 002

背面パネル。ホワイトパールでさらっとした手ざわり。
パネルはプラスチックなので質感はそれなりですが、チープではありません。
Madosma Review 003

Windowsのロゴが!
Madosma Review 005

カメラのレンズは大きい感じ。800万画素。
Madosma Review 006

背面のフタを開けるとSDとSIMカードスロットが現れます。
Madosma Review 013

スペック

外観を見たところでスペックです。
クアッドコアのCPUを積んでいるので快適そう。注目のOSはWindows Phone 8.1。いったいどんな使い心地なんでしょうか。

項目スペック
OSWindows Phone 8.1 Update
CPUMSM8916 1.2GHz (4コア / 4スレッド)
メモリ1GB
ストレージ8GB
ディスプレイ5.0インチ
解像度1280×720 ドット
バッテリー容量2,300mAh
連続待受け時間460 時間
連続通話時間9 時間
充電時間3 時間
ポート類
3G / W-CDMABand 1 (2100MHz)・ Band 8 (900MHz)・ Band 19 (800MHz、Band 6 を含む)
4G / LTEBand 1 (2100MHz)・Band 3 (1800MHz)・Band 19 (800MHz)/ CAT4
SIM スロットMicro SIM
BluetoothBluetooth® V4.0 (EDR / A2DP 対応)
無線 LANIEEE 802.11 b/g/n 対応
背面カメラ800万画素 (オートフォーカス / LED フラッシュ付き)
前面カメラ200万画素
サイズ142.8×70.4×8.4mm
重量125g

アプリの状況

まずはアプリがなければどうしようもありませんからWindows ストアへ。

見渡した感じ、ツイッター、LINE、フェイスブック、グーグル関連など大手サービスはほとんど登録されているようです。

Madosma Review 028  Madosma Review 018

少し前までゲームはかなりスカスカの状態でしたが、だいぶ充実してきています。

Madosma Review 021 Madosma Review 026

Windows 10はスマホ〜デスクトップまで単一のアプリで実行できる、新しいユニバーサルアプリが登場します。さらに開発環境のVisual StudioはAndroidやiOSアプリを簡単に移植できるようになるようです。

今後一気にゲームやアプリも増えるかもしれません。というかたぶん増える。

ディスプレイ

画面は非常に明るくきれい。Zenfone 5と比較するとその明るさに驚きます。(笑)
Zenfone 5はこれでも最大輝度なんですけどね。並べるとむしろ暗く感じるという。もちろん目が痛いほど明るいので、このあと輝度は下げました。

Madosma Review 032

使用感

アプリはタイルメニューでまとめられていて、Windows 8と同じような感覚で使えます。大きさの調整や表示内容もほとんど同じ。

標準ブラウザはインターネット・エクスプローラー。スマホサイズになりますが、操作感覚はWindowsとほぼ同じ。msnニュースと当サイトを閲覧。

Madosma Review 019  Madosma Review 023

で、少々使って気づいた点。

ときどき現れる確認ダイアログですが、AndroidとiOSは右に決定ボタンがあるのが一般的ですが、Windows Phoneは左にあります。これは慣れないと使いにくい。

スクリーンキーボードもイマイチ。

Madosma Review 016

全体的にボタンが縦長で、感覚的に狭く感じます。どのあたりを押せばいいのか微妙にわかりづらい。慣れればいいんですが、iOSやAndroidの自然さには負けています。

ここも改善の必要を感じます。

Windows Phoneの状況

さて、iPhoneやAndroidスマホはちょっと見渡せばた~くさん使っている人がいますが、Windows Phoneは使っている人どころか知っている人すらいません。「Windows = パソコン」という図式から抜け出せていません。

このシェアの低さはマイクロソフトも十分わかっていて、今後Windows 10を中心に据え、スマホからサーバーまで一貫したサービスになって行くことを目指しています。

これからが楽しみなスマホといえるでしょう。

WTS的まとめ

一週間ほど使ってみましたが、機能やアプリに関してはそんなに不足を感じませんでした。まあ使っているアプリは大手のものばかりでしたが。基本的な実用にはまったく問題無いと言えるでしょう。

ただ、画面のキーボードがいまいち使いづらいのと、Android、iOSと違って決定ボタンが左にあるのがなかなか馴染めません。

Windows 10からどう変わっていくのか、非常に楽しみな機種です。