Macでブログを高速に書くためのソフト7本まとめ

2014年末までに1,000記事を目指す太田アベル(@LandscapeSketch)ですこんにちは。

最近は1日2記事を掲載していますがお気づきでしょうか?
まったく気づきませんね。報告は以上です。

子育てと本業があるなかで1日2記事は相当きびしいです。やってみると分かりますが、眠くてキーボードに頭をぶつけることもしばしば。でも目標達成のために今日も書きますよ!

タイトな時間の中でいかに高速に記事を書くか、僕がメインで使っているソフトを紹介します。

今日はMac編です。

Mou

まずベースとなる記事のエディタです。僕はMarkdown(マークダウン)という記述法を使って記事を書きます。

例えば

###タイトル

という書き方をするとHTMLでは見出し3タグに変換されます。同じことをHTMLにすると

<h3>タイトル</h3>

という書き方になります。Markdownのほうが#を連打するだけなので速い、そして修正も容易です。ブログに載せるときはHTMLに変換しペタッと貼り付けて終わりです。

MOU


Google Drive Google Drive

さきほどのMOUやWindowsで作成した記事の下書きはGoogle Driveに置いておきます。

そうすればマシンを変えてもすぐに続きの作業に取りかかれます。僕は一人で何台もパソコンを使う変な人ですので、同期は非常に重要なのです。

また単純なファイル管理にすることで、標準のOS機能で検索できますし、移動やコピーもカンタンです。MacならSpotlightですぐに取り出せるのも便利。

Markdownは単なるテキストファイルですから、エディタも問わず書けます。変換するときはMOU、速度を求めるときはCotEditorなんかも使います。

Google Drive


 

Aperture Aperture

写真管理はAperture(アパチャー)です。

iPhone、iPod Touchで撮った写真は何もせずともiCloudから同期されます。これが助かる。

プロジェクト単位でのまとめ、プロジェクト内で色やタグで細かく仕分けることができます。

写真の管理だけならiPhotoでもOKですが、細かなまとまりで多数の写真を管理するならApertureが必須です。

Aperture


 

XnConvert

写真を一定のプロセスで連続処理してくれる神ソフト。(以前の紹介記事はこちら

例えば

  1. 1000×1000ピクセル以内に縮小
  2. WorkToolSmithのロゴを記入
  3. 明るさを調整
  4. JPEGに変換
  5. ファイル名に001〜の番号を付ける

という手順を登録しておけば、あとは「変換」ボタンを押せばドドドッと変換してくれます!しかも無料!ありがたすぎる!

Apertureで書きだした写真をもう一度XnConvertに通しています。

ただ、出力フォルダをなぜか記憶してくれないのが唯一の欠点。毎回指定しないといけません。修正されるといいな。

XnConvert


 

Skitch Icon Skitch

Evernoteと連携しているスクリーンショットツール。

写真やスクリーンショットへ矢印、強調ワクなどがささっと付けられます。スクリーンショットを撮っての解説には欠かせません。

ちなみにWindowsではScreenpressoというソフトを有料版で使っていますが、それと比べると使いやすさは50%でしょうか。ScreenPressoは最強です。

Skitchも有料にしてもいいのでScreenPressoに追いついてほしい。

Skitch

MarsEdit Icon MarsEdit

Macの定番ブログツール。

以前はメインで使っていましたが、MarkDownをメインで使うようになってからは補助的な役割になっています。

WordPressにアップしてからの記事修正には便利!

MarsEdit

Google 日本語入力

高速で文章を仕上げるには3つのポイントが有ります。

  • 文字入力の高速化(キーボードの訓練)
  • 変換の正確さ
  • 文字の先行入力

です。文字入力についてはキーボードの練習を積むしかありません。

あとの2つはGoogle日本語入力でかなりサポートしてくれます。まず変換がかなり正確で、最新の流行言葉もけっこう変換してくれます。カタカナで書くと本当の英語に直してくれたりもします。(ペンシル → Pencilなど)

さらにサジェスト機能がすぐれていて、数文字打ったあたりで候補単語が出てくるので、長い単語も間違えずにどんどん打てます。

Google日本語入力

WTS的まとめ

ブログ書きのメインツールを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

この文章はもちろんMouでMarkdownを使って書いていますが、考えながら打って、ここまでで9分です。この後スクリーンショットをSkitchで撮ってアップして計20分ぐらい。

ネタフルさんの本  では1記事10〜15分で、と書いてありますのでまだまだ高速化しなければなりませんね。

Windowsでもソフトを選んで使っていますのでまた後日紹介します。