とてもパソコンとは思えない軽さ!Let’s note RZ4レビュー

驚くほどの軽さ!と評判のLet’s note RZ4を買ってきましたよ!まいど太田アベル(@LandscapeSketch)ですこんにちは。

タブレットだけでは長文を打つことはかなりむずかしい。そこでポータブルキーボードを持ったりますが、これまたかさばるし結局重くなる。

じゃあ超軽いパソコンならどうか?ということでLet’s note RZ4です。

スポンサーリンク

スペック

まずはスペック。

購入したRZ4は、現状最速となるCore M 5Y70(1.1GHz / Boost 2.6GHz)を搭載しています。その他のスペックはいたって普通ですが、重量が745gと異常

はたして持った感触とは?

項目スペック
OSWindows 8.1 Pro 64-bit
CPUIntel Core M 5Y70 (2コア / 4スレッド)
メモリ4GB
メモリスロット (空きスロット)– (-)
グラフィックスIntel HD Graphics 5300 (CPU内蔵)
ストレージSSD 120GB
光学ドライブなし
ディスプレイ10.1インチ
解像度FULL HD (1920×1080)
ポート類USB3.0ポート×3、D-SUBポート、HDMIポート
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 b/g/n/ac
有線LANあり 1000BASE-T
サイズ250 × 180.8 × 19.5 mm
重量0.745kg (745g)

驚愕の軽さ

さて、箱の状態ですでにものすごい軽さです。箱まるごとの重さでもたった1.8kgしかありません!なんだこりゃ。

Let'snote RZ4 Review 001

出した本体を持ってみます。バッテリーを取り付けない状態だと「中身入ってんの?」と疑問になるほどの軽さ!

Let'snote RZ4 Review 035

こんな持ち方も余裕!

厚みがある(といっても19mm)デザインで一見重そうに見えるので、よけいに軽く感じるのかもしれませんが、たった745gという重量は驚くべきものです。子どものおもちゃかと思うほど。

机から持ち上げるときも「スッ」と持ち上がります。普通のノートなら「よっ!」と心のなかで掛け声をかけて持ち上げますが(笑)、Let’s Note RZ4は気合が要りません。

Let'snote RZ4 Review 009

指2本でも持てる!

 

タッチパネル

ディスプレイは10.1インチ。IPS液晶なのでどの角度から見ても色がしっかり出ています。タブレットモードを搭載しているのでもちろんタッチパネル。

色味は深く、鮮やかな印象。

Let'snote RZ4 Review 016

表面処理は半光沢というのでしょうか、あまり見たことがないタイプ。光はあまり映り込まないのですが、ノングレアほど白っぽくはありません。文字にも写真にもちょうどよい反射です。

写真下のキーボードがちょっと映り込んでいるのがわかりますか?

Let'snote RZ4 Review 011

ファンはけっこうよく回る

非常に省電力なCore-Mを積んでいるRZ4ですが、クーラーファンはちゃんと付いています。

Let’s noteはプロが使うことも多い機種です。熱による性能ダウン、ましてや熱暴走など許されません。確実な冷却をするファンは必須でしょう。

 

ファンの音は低音で、回転中もそんなに気になることはありませんでしたが、けっこうよく回っています。

本体起動後は数秒間回り、停止。ブラウザを5画面開き、エディタで作業を始めるとずっと回っているような感じ。無音の作業を望む人には気になる部分かもしれません。

素晴らしい出来のキーボード

キーボードは非常に小さく作られていますが、さすがLet’s note、打鍵感は最高クラス

しっかりとしたバックパネルに支えられ、適度な反発感、小型ながらもブレのないキーの押し混み具合など、ノートパソコン用キーボードのベンチマークとさえ言えます。

Let'snote RZ4 Review 024

ただし本体がこの大きさなので、キーはかなり小さめ。ブラインドタッチは慣れればギリギリできる、という範囲。

Let'snote RZ4 Review 027

全角/半角キーなどもこんな感じにつめ込まれていますので、慣れるまで時間が必要です。

Let'snote RZ4 Review 025

長文は?

この文章はRZ4で打っていますが、なんとか打てています。

小さいのと配列が特殊なので、ちょこまか打ちミスは出ますが、タブレットのスクリーンキーボードよりは100倍マシです。キーの反応もかなり良いのでかなり速く打っても追従してきます。

ファンクションキーやCtrlはカスタム可能

上部のファンクションキー(機能キー)や、左下にあるCtrl、Fnキーは入れ替えも可能。

特にCtrlは一番外側にないとかなり使いにくいもの。BIOSでFnと入れかえ可能です。

Let'snote RZ4 Review 028

タッチパッドもていねいな造り

タッチパッドも可能な限り大きくなっています。操作感は上々。

Let'snote RZ4 Review 021

2本指のスクロールなどにも対応しています。画面もタッチパネルなので、大雑把な操作は画面をさわったほうが早いかもしれませんね。

クリックボタンも装備。プチプチした感触。中央にはHOLDボタンもあり、これを押しておけば文字を打っている時に手のひらが当たっても、カーソルが動きません。

Let'snote RZ4 Review 022

WTS的まとめ

最小のレッツノートとなりますが、仕事用パソコンとしての基本はすべて詰め込まれています!

次回は(やる意味があるかどうかは別として)、ゲームベンチマークなどを取ってみようと思います。

Let’s note RZ4のキャンペーンページはこちら