タブレット レビュー ノートブックパソコン レビュー レビュー 新製品情報

やっぱり軽いノートPCが一番? Lenovo Flex 10レビュー

最近パソコン買いすぎてる気がする太田アベル(@LandscapeSketch)ですこんにちは。

先日はLenovoの8インチタブレットMiix2 8を買って遊んでいましたが、「やっぱりキーボードがほしい!」という気分になりました。僕にとってパソコンは「何かを作りたくなる道具」なんですよね。

とはいっても、Miix2にマウスとキーボードを持ち歩いていたらかさばりますし、タブレットの意味が半減します。なんかちょうどいいものないかな~~~、と思っていたらありました!タッチパネル搭載で10インチ、わずか1.2kgのノートパソコンが!しかもまたLenovo

注文ボタンをポチッとな(笑)

そんなわけで到着したLenovo Flex 10をレビューしますよ!

軽くてコンパクト

本体はちょっと大きめの本ぐらいです。正確には273 x 188.5 x 21mm(公式仕様から)。

lenovo flex 10 review 029

 

重さもわずか1.2kgですから片手ですっと持ち上がります。

lenovo flex 10 review 016

 

アダプタももちろんコンパクト。片手に収まるサイズです。

lenovo flex 10 review 015

質感もいいぞ!

本体の質感もさすがThinkPadのLanovo。
全体にプラスチック製ではありますが、安っぽくありません。

表面は布目のような少しザラッとした処理。

lenovo flex 10 review 019

 

パッと持ち上げても手がすべりませんし、指紋も目立ちません。

タッチパッドとタッチパネル

タッチパッドはすごく小さいです。ちょっと操作しづらいほど。しかもクリックも少々カタいです。

下部の左右がクリックボタンになっており、グッと押し込むとカチッと言って反応します。意識して力を入れないといけないほどのカタさ。タップ(トンっと指でさわる)操作も可能ですが、これはこれでイマイチ反応が悪いですね。

lenovo flex 10 review 022

 

ただご心配には及びません。
Flex 10はタブレット機能も搭載しています。そう、画面をそのままさわって操作できるんですね!

実は僕は「ノート型のタッチパネル」に疑問がありました。なぜかというと15インチのタッチパネルノートは、ディスプレイにはけっこう腕を伸ばさないと操作できません。キーボードを打ちながら腕を大きく動かすのは非常にめんどうです。

ですがFlex10の場合、タッチパネルがすごい活きています!

キーボードが小さいので、ちょっと手を移動するだけですぐに画面に届きます。画面も小さいので、マウスカーソルをぐいぐい動かしてクリックするよりも、手でピピっとタッチしたほうが早いです。なるほど!10インチならタッチ意味あるな!

逆ゾリでべんり!

そしてFlex 10のかくし芸(?)

これです!
逆ゾリ~~~~!

lenovo flex 10 review 017

 

(上の写真がよくわからないので、↓ Lenovoさんから転載させてもらいました)

lenovo-convertible-laptop-flex-10-stand-mode-3

なんとこんなポーズで置けてしまうのです!
Huluなど動画を見るときに最高!タブレットはケースやスタンドを使わないと立てませんが、Flex 10は自立です。こいつはベンリだ!

動きは・・・それなり

さて全体的な動きですが、CPUがIntel Celeronという下位グレードのシリーズだけに、普通の大きさのパソコンと比べるとやはり遅いです。(Intel Celeron N2810)

なんというかカクッカクッと引っかかりのある動きです。

たとえばブラウザでページを表示し、す~っと下までひっぱると途中でカクっと止まる時があります。すばやい操作は苦手な感じです。

とはいえ常に気になるほどか?といえばそんなことはありません。動画も普通に見られますし、エクセル、ワードも立ち上がりこそ多少の時間が要りますが十分な速度で動きます。わかって使えば十分納得できるでしょう。

意外に打ちやすいキーボード

注目はキーボード。

このサイトではThinkPadをしょっちゅう紹介していますが、ThinkPadの良さはキーボード。僕がThinkPadを選ぶ理由の半分以上はキーボードです。(真剣に)

Flex 10はどうでしょうか?

本体を薄くするため、キーストロークは浅めになっています。1mmほどしか押し込めません。
打った感触はちょっとぷにっとしています。近いところで言うと電卓っぽい打ち心地。
ThinkPadのキーと比べると反発力が弱い、もう1mm深さがほしい、と思ってしまいますがここは割りきりどころでしょう。

lenovo flex 10 review 021

 

キーピッチ(キーの幅)は問題ありません。ThinkPad譲りのアイソレーションキーで、隣のキーに指が引っかかることもありません。ただし隅っこのキーは、スペースの関係で縦長になっています。

lenovo flex 10 review 013

 

この文章をFlex 10で打っていますが、かなり早く打ってもしっかりついてきます。さらにストロークが浅いおかげで打鍵音も非常に静かで、子供が寝ている隣で打っていても大丈夫そう。

意外に良い!

おもしろい

IdeaPad Flex 10はまさにタブレットとノートの中間を埋める存在です。

タブレットでは「作る」ことはなかなかむずかしいところですが、Flex 10のようなキーボードとタッチパッドがあればけっこう使えます。そして軽さ。たった1.2kgでこの大きさですので、多少ムリをすればハンドバッグにも押し込めるかもしれません。

かつてネットブックブームの時は、「小さいけど使えね~」ノートが大量に販売され、単なるブームで終わってしまいました。

あれから5年余り。Windows 8の登場と新世代小型CPUの開発で、小さなパソコンでも高機能を持つ時代になりました。

Flex 10、実はまったく期待していなかったけれど僕の中では好評価です!

 

次回予告!

だがやっぱりHDDは遅い!
CPUの遅さに加えてHDDがさらに足をひっぱって遅い!
こうなったら改造だ!SSDだ!840 EVOだ!
・・・・・
うわああああああ!やっちまった!

 > HDD > SSD換装 そして衝撃の結末へ Lenovo Flex 10改造

lenovo flex 10 review 004

オークションにはこんな商品も出ています