中身入ってない?と思うほど軽いタブレットをベンチマーク! NEC LAVIE Direct HZ(D)レビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日本体外観などをレビューしました、LAVIE Direct HZ(D)

中身が入ってないかと思うほどの軽さ(タブレット部分だけなら398g)で、どこにでも持ち運びたくなるパソコンです。

でも軽いだけで、動作が非常に遅かったり、バッテリーがすぐ切れてしまってはストレスが溜まります。そこで!今日はベンチマークで基本能力を計測して、動作に問題がないかを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

前回の繰り返しになりますが、スペックです。CPUに超省電力ながら、十分な速度を備えるIntel Core m5を搭載。メモリも8GBを搭載しているので、家庭から仕事まで、幅広く対応できます。

ストレージが128GBと少なめなので、ビジネスで使う場合にはオプションでより大容量なものを選びたいところ。

項目スペック
OSWindows 10 Home 64-bit
CPUIntel Core m5-6Y54 (2コア / 4スレッド)
メモリ8GB
メモリスロット (空きスロット)– (-)
グラフィックスIntel HD Graphics 515
ストレージSD 128GB
ディスプレイ11.6インチ
解像度FULL HD (1920×1080)
ポート類USB 3.0(Type-C)×1、USB 3.0×2(キーボードに搭載)、microSDメモリーカードスロット、HDMI(キーボードに搭載)
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 ac/a/b/g/n
有線LANUSB-LAN変換アダプタ(オプション)
サイズ本体 292(W)×192.5(D)×7.6(H)mm
重量約398g(本体のみ) 約798g *79(キーボード搭載時)

PCMark 8

パソコンの総合能力を測るPCMark 8にてベンチマークを取ってみます。

まずは一般的な家庭用途(ブラウジングや写真編集など)を想定した「HOME」テスト。

NEC Lavie HZ(D) 2016 Tablet-005

だいたい2000ポイントを超えると快適な部類に入ります。LAVIE Direct HZ(D)は2530ポイントを記録し、快適に使用できることが分かります。

次にビジネスでの使用(エクセル、ワードやビデオチャットなど)を想定した「Work」テスト。

NEC Lavie HZ(D) 2016 Tablet-001

このテストは3500ポイントを超えていて、仕事にも十分に使えることが分かります。ビデオチャットテストでも非常にスムーズに表示されており、ビデオ会議もしっかりと進められそうです。

オプションソフト

LAVIE Direct HZ(D)にはいくつかのNEC独自ソフトがインストールされていました。

「おすすめ設定」ソフトでは、LAVIEのオリジナルソフトや、セキュリティソフトの試用などを簡単に開始することができます。

NEC Lavie HZ(D) 2016 Tablet-004

ニュースや天気などを表示するアプリです。ただ、Windows 10ではスタートメニューなどでニュースや天気は表示されますので、私としてはちょっと蛇足だと感じました。

バッテリー

フル充電で一日持ち運び、ブラウジング、文章編集、プレゼンテーション(Power Point)を行ってみました。そんなに操作は多くありませんでしたが、ほぼ丸1日使用できました。

キーボード側にもバッテリーを搭載しているので、ノート状態で持っていると非常に長く使える感じです。逆に、本体のみだと公称5.5時間となっているので、半日がギリギリかもしれません。

(バッテリーは私が持ち歩いてみての感想になります。JEITAなどの正確な計測方法ではありません。ご了承ください)

WTS的まとめ

Lavie Direct HZ(D)のベンチマークで、基本能力を見てきました。

家庭用としても仕事用としても快適な速さで使えそうです!バッテリーもよく持つので、ちょっとした出張ならアダプタも不要かもしれません。

 

 

NEC Direct(NECダイレクト)

LAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO]11.6型