迫力の大きさ!”おとりよせ王子”で出てきた伊勢 飛竜頭(ひりょうず)を食べてみた!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

いま「おとりよせ王子飯田好実」というマンガにハマっています。このマンガ、主人公の飯田くんが実際に売っているお取り寄せ商品を買いまくり、アレンジを加えながら食べまくるという、お腹を空かせてくれる危険なマンガです。

どの回もおいしそうでヤバイ!現実に売ってるからさらにヤバイ!

ついついポチッと買ってしまうんですねこれが!ということで今日は、第4巻に出てくる伊勢 若松屋の「伊勢 飛竜頭(いせ ひりょうず)を取り寄せちゃいました!

さっそく食べてみますよ~!

スポンサーリンク

でかい!

普通の飛竜頭(ひりょうず)といえば、まあガンモぐらいの大きさです。大きさは10cm、厚さは2~3cmというところでしょうか。

しかし伊勢飛竜頭、でかいです!

大人の握りこぶしぐらいある!

注:茶碗に入っています

注:茶碗に入っています

 

つーか重い!箸で支えると指がツリそうです!

外側から見てもすでにたくさんの具が入っているのがわかりますね~伊勢ひじき、しいたけ、にんじん、きくらげ、ごぼう、たけのこ、わかめ、枝豆、うずらの卵、豆腐と9種類もの具がギュウギュウ詰めです。

たべちゃうぞ!

レンジでちょっと温めてみて、割ってみると・・・おおっ!

飛竜頭 Review 004

うずら卵がまるごとひとつ!(おとりよせ王子で読んでたから知ってるけど、うずら卵大好きなんで地味にうれしい)

刻んで入っている具はぜんぶ大きくて、全員で主張しまくりです。

ポン酢をざっとかけていただきます!

飛竜頭 Review 006

ガブッと大きく噛むといろいろな歯ごたえが返ってくる!ギュッとした練り物の歯ざわりの中に、コリコリサクサクととてもにぎやか。炊き込みご飯のようにそれぞれの具の香りも確かに感じます。

油にもこだわっていて「米油」という種類を使用しているそうです。この大きさなのにギトギトした感じはまったくなく、1人でも食べきってしまえます!

量はごはん1杯分

量は軽くご飯一杯分に感じます。小食な女性は一つ食べると満腹になるかも?というぐらいデカイ。しかもしっかり噛むのでより満腹感アップです。

食べたあとは「うわ~なんかしっかり食べたな~」という幸せな満腹感です!

WTS的まとめ

おでんネタとして入れてもうまいでしょうね~

今回は賞味期限の都合で真空パックを買いましたが、次は生のまま買いたいですね。できればお店まで行ってその場で食べたい!

おすすめ度:★★★★(4/5)

伊勢 若松屋「伊勢 飛竜頭」のは直営店から購入しました