MacBookによく合う 最新USB Type-Cに対応したモバイルHDDケース inateck FE2008C

実はMacBookも使っています。どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

新しいMacBook 12インチは、唯一の外部拡張ポートとしてUSB Type-Cのコネクタを備えます。ただ、これに対応した機器はまだまだ少ないのが現状。

今日はInateckさんから、USB Type-Cを採用したモバイルHDDケース inateck FE2008Cの試用品をいただきましたので、使い勝手をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

高級感あるアルミの質感

本体外装は厚さ1mmほどのアルミの板を使ってあり、さらにショットブラストでMacBookに似た、サラッとした質感に仕上げられています。
inateck FE2008C Benchmark 002

さりげないロゴもいい感じ。
inateck FE2008C Benchmark 003

裏面は白のプラスチック。こちらもさらっとした手触りですね。
全体的に安っぽさはなく、高級感を感じます。
inateck FE2008C Benchmark 005

USB Type-C

注目したいのはやはりコネクタ。最新の、裏表のないUSBコネクタ「Type-C」が採用されています。
inateck FE2008C Benchmark 020

新しいMacBookの拡張ポートはUSB Type-Cがたった一つしかありません。対応機器もまだまだ少ないのではちょっと不便なのが実情。さらにモバイルHDDケースはほんの数機種しか対応していないので、FE2008Cは貴重な一台となりそうです。

HDDのインストールはカンタン・ツールレス

裏面には「PULL」と書かれたつなぎ目がありまして、ここを押し下げるとパカっとスライドして開きます。
inateck FE2008C Benchmark 006

inateck FE2008C Benchmark 008

中にはSATAのコネクタが出ていて、これに合わせてHDDを入れるだけ!迷うところは一切ありません。ネジすら不要でとてもカンタン。
inateck FE2008C Benchmark 009

inateck FE2008C Benchmark 012

HDDは9.5mm厚まで対応しています。
が、7mmでは注意する点がありました。これはまた次回詳しく解説します。(2015.11.10 追記 注意点を書きました
inateck FE2008C Benchmark 011

すんなり認識

さてあっという間に準備が整いました。さっそくMacBookにつないでみます。
inateck FE2008C Benchmark 016

OSはOS X El Capitan。つないで待っているだけですぐにディスクドライブとして認識されました!これはスムーズでストレスなしですね。(※未フォーマットのディスクでは初期化処理が必要です)
Inateck FE2008C

Windowsで使っていたHDDをつなぎましたが、問題なく中身を見ることができました。
Inateck FE2008C

WTS的まとめ

箱を開いてから実際に使いはじめるまでほんの数分しかかかりません。スムーズでストレスフリーな製品です。

MacBookと質感も合わせてあってGOOD。MacBook 12インチで外部HDDを使いたい、というときは検討に入れたい機種です。

次回はベンチマークを取りつつ7mm厚問題を解説します。