薄型ボディに8コアCPUとGeForce RTX 2060を凝縮!ドスパラ GALLERIA GCL2060RGF-T 10875H搭載モデルレビュー

こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ノート型のゲーミングPCが進化を続けています。少し前までは多くの制限があったノート型ですが、第10世代Intel CPUとNVIDIA GeForceのおかげで、もう性能に妥協することはありません。

今日はドスパラから販売されている、薄型かつ高性能なノート型ゲーミングPCGALLERIA GCL2060RGF-T 10875H搭載モデル」を入手しました!

さっそく性能を見ていきましょう!

  • 想像よりも薄く感じるボディ
  • 8コア/16スレッドのIntel Core i7-10875H搭載
  • 最新ゲームが満足に動くNVIDIA GeForce RTX 2060
  • 144Hzの高速液晶ディスプレイ搭載

記事中の商品/サービス

ゲーミングマシン ガレリアは、ドスパラ公式サイトでカスタマイズ購入できます!

デザイン

デザインを見ていきましょう。

ゲーミングマシンと言えば大きく、厚く、飾りが多いという印象がありますが、GALLERIA GCL2060RGF-Tのデザインはソリッドかつシンプルで、気になる厚さも一般PCなみに感じます。

それもそのはず、スペック表で見ると厚さはわずか19.9mmと2cmの大台を下回っています。これはゲーミングPCのジャンルの中ではかなりの薄さです。

天板はむやみな段差もなく、GALLERIAのロゴのみが配置されています。引き締まったマットブラックで、シンプルでも静かな迫力をたたえたデザインです。

裏面は大きくメッシュで大きく通気口が確保されています。ハイパフォーマンスなCPUとGPUを効率よく冷やし、熱による性能低下を防ぐことができそうです。

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチ。IPSクラス相当の液晶を採用し、上下左右どこから見ても色が鮮明で、正確に見えます。(液晶の詳細な仕様は非公開)

またリフレッシュレート144Hzの高速液晶を採用。一般PCが60Hzなので、2倍以上高速な画面更新が可能です。

60Hzでは1秒間に60回画面が更新され、144Hzでは144回となります。単純に言えばゲーム画面が非常になめらかに見えます

それはマウスを動かしただけですぐに感じます。マウスカーソルがいつもよりなめらかに、かつ目でうまく追えるはずです。

動きの激しいFPSゲームでも画面のブレや残像が非常に少なくなり、より正確に敵を照準することができるでしょう。

キーボード

キーボードは10キー(数字キー)も備えたフルサイズタイプ。

10キーはゲームによってはアイテムやアクションを割り当てることができ、行動をすばやくしてくれます。

キーの押下感、反発は適度で、打ちやすい。キーの音は「パタパタ」といった音で、比較的静かめです。

基本的に日本語配列ではありますが、例えばEnterキーが英語キーボードのように細長だったり、「¥」がバックスペースの上、「DEL」キーが10キーの上にあったりと、JIS標準ではない部分があります。少々慣れが必要なキーボードです。

キーボードはバックライトも搭載し、少し暗い場所でもしっかりと視認でき、作業がスムーズです。さらにキーのカラーは付属ソフトで好きな色に変えることができます

光の色はキーボード全体が変化し、単一のキーで色を変えるような設定はできません。それでも、気分を変えるには十分な効果がありますね!

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。左下/右下を押し込むことで左/右クリックが可能です。

複数の指でスクロールなどが行えるジェスチャー操作にも対応しています。

アダプタはそれなりの大きさ

8コアCPU、GeForce RTX 2060を支えるとなると、やはりアダプタはそれなりの大きさになります。薄型のカバンでは入れるのは無理そうですが、ナップザックなどなら持ち運ぶのは可能です。

ベンチマーク

ゲーミングPCはやはり性能が大切。ベンチマークも見ていきましょう。

3DMark

ゲームベンチマークとして、ほぼ業界標準となっている3DMarkにてテストをしました。

ベンチマークスコア
Wild Life31805
Sky Diver38021
Night Raid32479
Fire Strike14400
Fire Strike Extreme7266
Fire Strike Ultra3653
Time Spy6222
Time Spy Extreme2925

GeForce RTX 2060は薄型ノートでも十分な性能を発揮。少し前であればデスクトップ型の
ゲーミングマシンでなければ実現できなかったような性能です。

最新ゲームも、FULL HD/高画質設定で快適にプレイできます。

ファイナル・ファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ (FF16)

ファイナル・ファンタジー16は最新技術を多数使っていて、重めのゲームです。最新技術のサポートがどのくらいあるのかを確かめることができます。

設定スコア快適度
フルHD / 最高品質13404非常に快適

なんと最高品質でも「非常に快適」のスコアをマーク!

デモは美麗かつなめらかに動きました。

ドラゴンクエスト X

オンラインゲームのドラゴンクエスト Xのベンチマーク。比較的軽量なゲームのベンチマークです。

設定スコア快適度
フルHD / 最高品質23114すごく快適

こちらはもちろん「すごく快適」判定。軽量ゲームなら性能不足を感じることは一切無いでしょう。

CineBench R15

CPUとOpenGL能力を計測するChineBench R15で性能テストをしました。

テストスコア
OpenGL138.33 fps
CPU1736 cb

8コア/16スレッドのCore i7-10875Hが十分な性能を発揮。ノート型とは思えないスコアです。

CineBench R20

CPUのレンダリング速度を計測するChineBench R20で性能テストをしました。

テストスコア
CPU3894 pts

こちらも3000ptsの大台を超え、高いスコアをマーク。

PCMark 10

システム全体の性能を計測するテストです。

テストスコア
Essentials9110
Productivity7132
Digital Content Creation6931

通常使用はもちろん、動画や画像編集といった高度な作業にも耐えうる性能です。ゲームだけではなく、コンテンツ制作マシンとしても有力な候補です。

ポート類

USBなどの拡張ポートは豊富に備えています。

  • USB2.0 x1
  • USB3.2 Gen1 Type-A x2
  • USB3.2 Gen1 Type-C x1
  • マイク入力 x1
  • ヘッドフォン出力 x1
  • HDMI2.0 x1
  • miniDP1.2 x2

ディスプレイ端子だけで計3ポート(HDMI x1、Mini DisplayPort x1、USB Type-C x1)があり、本体だけで3つの外部ディスプレイに接続できます。

また映像端子は本体サイドではなく後部にあり、配線が横に出ないので、マウスのジャマにならないのもポイントです。

スペック

今回紹介しているモデル:GALLERIA (GCL2060RGF-T) Intel Core i7-10875Hモデル

機能詳細
CPUIntel Core i7-10875H
CPUコア/スレッド数8コア / 16スレッド
ベース周波数 / ターボブースト周波数2300 MHz / 5100 MHz
メモリ16 GB
グラフィックスIntel UHD Graphics (1 GB)
グラフィックス2NVIDIA GeForce RTX 2060 (6 GB)
ストレージ512 GB SSD (NVMe)
OSMicrosoft Windows 10
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ
解像度1920 x 1080ピクセル
ポート類USB2.0 x1
USB3.2 Gen1 Type-A x2
USB3.2 Gen1 Type-C x1
マイク入力 x1
ヘッドフォン出力 x1
HDMI2.0 x1
miniDP1.2 x2
有線LANなし
サイズ359.8(幅) × 243(奥行き) × 19.9(高さ) mm
重量1.85kg

WTS的まとめ

薄型で1.85kg(本体のみ)という重量で、持ち運びも十分に考えられるゲーミングPCです。

また基本的に性能が高いので、動画や3DCGといったクリエイティブな作業にも応えてくれます。趣味も遊びも幅広く活用できるはずです。

コメント