タブレット レビュー ブログ レビュー

第6,第7世代のAmazon Fireタブレットを比較!”乗り換え”は必要なのか?Fire 7、Fire HD 8 レビュー

すっかり予約注文したのを忘れていて、突然(?)2台ものFireタブレットが届いたので、思わずAmazon返品手続きを取ろうとしてしまった太田アベル(@LandscapeSketch)です。こんにちは。

自分の買ったものを忘れる人なんているの!?と思うかもしれませんが、ここにいます。

記憶力のなさには自信があります!会った人の顔もすぐに忘れちゃうので、これから会う人はごめんなさい。(ヤバすぎる)

さて、6月7日に新発売となったAmazonのタブレット端末「Fire 7」と「Fire HD 8」が届きました!Fireシリーズもついに第7世代を迎えます。

第6世代までで、機能的にもコスト的にも、十分に成熟したと感じるFire。今回は形もほとんど変わらないマイナーチェンジとなったわけですが、何がどう変わったのか、第6世代の人は乗り換える必要性があるのか、細かく新旧比較していきたいと思います!

いきなりの結論

詳細を比較した結果

  • 旧Fire (7インチ)から、新Fire 7への乗り換えは「乗り換えはアリ」(Amazonで見てみる
  • 旧Fire HD 8から、新Fire HD 8への乗り換えは「特に必要なし」(Amazonで見てみる

となりました!では詳細を見ていきましょう!

シリーズ名

第6世代までは「Fire」と「Fire HD 8」で、特に7インチがFireだけでわかりづらい状態でした。今回からは7インチが「Fire 7」、HD画質で8インチは「Fire HD 8」となり、すぐに判別できるようになりました。

今回購入したのはFire 7の8GB、Fire HD 8の16GBモデル。

値段はいつも通り、驚愕の投げ売りモード。

8GB16GB32GB
Fire 78,980円
(クーポン適用で4,980円)
10,980円
(クーポン適用で6,980円)
Fire HD 811,980円
(クーポン適用で7,980円)
13,980円
(クーポン適用で9,980円)

アマゾンはFire本体で儲けようとはしていませんので、本気のバラ撒き価格です。割引クーポンはプライム会員のみが使えますので、Fire購入前に加入しておきたいところ。ちなみに会員費は1年3,900円なので、Fireが4,000円引きになればそれだけで一年分がペイできます

フル機能、新品のタブレットとしては世界最安だと言えるでしょう。

箱を比較

先に商品の箱を見てみます。(上段:旧fire、旧fire HD 8 下段:新fire 7、新fire HD 8)

第6世代はFire (7)が正面、Fire HD 8は斜め向きとデザインがバラバラでしたが、今回は両機種とも正面を向いていてレイアウトも統一されています。商品のロゴの色も変わっていますね。(fireが白でHD 8などのモデル名が黒)

fire 7fire HD 8

 

中身はいつも通り、本体、USBケーブル、USB充電器、小さな冊子だけの簡素なもの。

本体の形

本体を見てみましょう。

新型Fire 7は、1mm薄くなり、わずかに縦長に。変化はほんのわずかなのですが、スマートになった感じを受けます。(左:旧型、右:新型)

また上部のスイッチ、ヘッドホンジャックの位置が変わっています。

 

次にfire HD 8ですが、何も変わっていません。大きさ、厚さ、スイッチ位置に至るまで同じです。(左:旧型、右:新型)

スペック

次にスペックを比較してみます。

まずはfire 7と旧fire。プロセッサ型番、メモリサイズともに変更は無いようですね。

CPU:ARM MT8127 1.30GHz
GPU:Mali-450MP
メモリ:1GB

つぎにfire HD 8と旧fire HD 8。

CPU:ARM MT8163 1.30GHz クアッドコア
GPU:Mali-T720
メモリ:1.5GB

本体の形に全く変化のなかったfire HD 8ですが、なんとスペックまで同じです。つまりfire HD 8はほぼ同じもので、目に見えない部分の変更だけのようですね。

使っていくうちに変更点が見つかったら書いていきます。

ディスプレイ

ディスプレイは大きさ、解像度ともに、どちらのモデルも変更はありません。

fire 77インチ(1024×600ピクセル)
fire HD 88インチ(1280×800ピクセル)

 

見た目の変化が大きかったのはfire 7。どちらも明るさ最大で写真を表示し並べてみましたが、すぐおわかりになると思います。(左:新型、右:旧型)

旧fireはかなり黄緑色っぽく、全体的にくすんだ感じを受けます。

新fire 7はまるでフィルタを一枚取ったかのように明るく白がしっかり出るディスプレイに生まれ変わりました。色の表現も自然になり、安モノ感が抜けました。

 

次にfire HD 8。ここでも大きな変化はなく、細かく見ても指摘できるポイントはありません。新型のほうが柔らかい色になったかな〜みたいな感じはありますが、シャッフルしたらわからないレベル。(左:新型、右:旧型)

純正ケースも比較

新しい第7世代用のカバーは、今までのシリコンっぽい、いかにも安物チックなカバーから、布を貼ったファブリックな手触りになっています。手触りはさらっとしていて布の柔らかさがあり、質感は大幅にアップしています。

 

(左:旧型、右:新型)新型はオシャレな手帳っぽい。

 

もちろん大きさは完璧にフィット。色はブルーとイエローにしました。どちらも明るくてビビッドですが、布地のおかげで柔らかい色合いになっています。

 

また旧Fire(7)はケースの開け閉めによるON / OFFに対応しておらず、微妙に不便でしたが、fire 7から対応されました!使い勝手が大幅に改善しています。

Fire HD 8は旧モデルからON / OFFに対応しており、新モデルももちろん対応。

開ければ即使えるので、手軽さが大幅アップ!

WTS的まとめ

Fire 7とFire HD 8の進化の度合いを見てきました。

Fire 7はいくつも使い勝手のアップデートがあり、さらにディスプレイも明るくきれいになりました。旧モデルをお持ちの人は乗り換えてもソンがないでしょう。

Fire HD 8はほとんど変化が見あたらず、あえて乗り換える理由は見つかりませんでした。

細かな機能はまたレビューしていきます。