Core M搭載のタブレットDG-D11IWをベンチマーク!意外にすごい

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日外観や使い勝手をレビューしました、ドスパラから販売されている11インチタブレット「Diginnos DG-D11IW」のレビュー続編です。

今日は2つのソフトでベンチマークを取ってみました。

意外にも実用的な速度でゲームが動いてしまった!

スポンサーリンク

3DMark

まずは3DMark。

DG-D11IW ベンチマーク-002

シーンスコアグラフィックスコア
Fire Strike321339
Sky Diver15011482
Cloud Gate27413414
Ice Storm3136237005

驚くのは最上位のFire Strikeが動いてしまったこと!しかもスコアは321も出ている!
もちろんスムーズには程遠いですが、タブレットで動いてスコアが計測されるだけでもすごい。

ATOMで動かすと、紙芝居どころではない重さでスコアは必ず0になります。

一番下のIce Stormではところどころカクつきがあるものの、実用的な速度で動いています。スコアも30000を超えていますので、ライトクラスのゲームなら十分プレイできそう

Cloud Gate、Sky Diverになるとかなり重さが目立ちました。この2つはGPU搭載機を想定していますから、動くだけでも大したものです。

ドラゴンクエストX

軽量オンラインゲームの代表格、ドラクエXです。

DG-D11IW ベンチマーク-001

こちらも標準品質、1280×720で3480ポイントの「普通」判定。

多少のカクつきは見られるものの、十分実用的な速度で動きました。
オンラインでたくさんのキャラが表示される部分ではきびしいかもしれませんが、多少ガマンすればプレイ可能でしょう。

WTS的まとめ

なかなか驚かされました!タブレットでここまで3Dゲームが動くのはすごいです。Core Mのパワーを再認識させられました。処理速度、グラフィックパフォーマンスともにATOMとは桁違いと言ってもいいと思います。

通常作業にもゲームにも、ポテンシャルの大きなタブレットです。

現在キャンペーンで64,000 円(税別) → 59,800 円(税別)となっており、パーソナルゲームタブレットとして購入してもいいかも、と考えてしまう価格です。