夏のゴロゴロTVに最適!完全定額動画サービス「Hulu
映画国内ドラマ海外ドラマアニメがすべて見放題!開始5分で「ツマンネ」と言ってやめても料金変わりません。映画をラストシーンだけ50本見ても料金変わりません!(作品への冒涜レベル)
ラストシーンマニアはこちら→

価格は手頃なうえに機能も十分なWindowsタブレット Diginnos DG-D09IW2SL 体験レビュー!

わずか28,800円(税別)の価格で、1920 x 1200ピクセルの高画質ディスプレイと4GBメモリと64GBストレージを揃えてしまった、コスパ十分なタブレットが新発売です!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日はドスパラから販売されている、価格は安いのに機能は十分という、コストパフォーマンス優れたWindowsタブレット「Diginnos DG-D09IW2SL」を借りてまいりました!

安くても使えるパソコンなのか、体験レビューしていきます。

スポンサーリンク

スペック

項目スペック
OSWindows 10 Home
CPUインテル Atom x5 Z8350(4コア / 4スレッド)
メモリ4GB
ディスプレイ8.9インチ
解像度1920×1200ドット
ポート類USB3.0 Type-A x1、microUSB(給電用)、miniHDMI x1、microSDカードスロット
Bluetoothあり
無線LAN(Wi-Fi)802.11 a/b/g/n/ac
サイズ約235(幅) x 157(奥行き) x 9.5(高さ)mm
重量本体 約495g
バッテリリチウムイオンバッテリー (約7時間 JEITA2.0)

シンプル、飾り気のないボディ

ボディはほとんど飾り気のない、非常にシンプルなもの。
付属品も充電器だけです。
diginnos-dg-d09iw2sl-review-014

ボディは全体が黒いプラスチックで、加工が感じられる部分といえば、裏面のちょっとサラッとした表面処理程度。
diginnos-dg-d09iw2sl-review-005

薄さはまあまあ。
diginnos-dg-d09iw2sl-review-008

 

ただ、チープか?と言われれば、そうでもありません。全体的にビシッと剛性感はあり、端の方を持って使ってもきしんだりすることはありません。
某国の激安品のような「子供用のおもちゃか?」と勘違いするような品質とは、間違っても比べてはいけません。(笑)

そもそも、極端な薄型化、美しいメタル仕上げというのはパソコン機能には関係がありません。それらの目指すものは「プレミアム感=高額化」であり、DG-D09IWはハナからそういうユーザーは見ていません。

それよりも、必要な機能を安価に提供する、という部分にこだわっていると感じます。

美しいFULL HDディスプレイ

タブレットの命とも言うべきディスプレイ。ここには十分にコストが掛けられています
この価格帯ではたいていが1280×800、1366×768ピクセルなど低密度のものが採用されますが、DG-D09IW2SLはなんと1920×1200!

diginnos-dg-d09iw2sl-review-009

 

ピクセルは非常に緻密で、写真も映像も美しく見えます。

diginnos-dg-d09iw2sl-review-002

 

アイコンの文字も美しい。

diginnos-dg-d09iw2sl-review-003

 

IPS液晶の採用で、上下左右どこから見ても色合いはほとんど変化がなく、とても見やすい

個人的にはちょっと色合いが浅め(コントラストが弱い)とは感じましたが、実用上は気づかない人もほとんどでしょう。

1点気になったのは指の滑り。比較的新品に近い評価機だったのですが、スクロールすると指がギュッとなり、摩擦が大きい感じがいます。実用上困るほどではありませんが、もう少しなめらかにすべってほしいと感じます。

必要十分な機能

CPUは最新のIntel Atom x5-Z8350、4GBメモリ、64GB eMMCストレージを搭載し、Windows 10の動作は十分にサクサクと動きます。ほとんど普通のノートパソコンと変わりありません。

Microsoft Officeなど重いソフトを動かすと、起動には少し時間がかかりますが、使用中は気になることはないでしょう。

USBポートは、多くのデジカメやプリンターで採用されているType-Aを搭載。しかもUSB3.0に対応しているので、たとえばモバイルUSB HDDなどに高速でアクセス可能で。miniHDMI出力も1ポート備えています。TVやプロジェクターなどへ接続可能です。

diginnos-dg-d09iw2sl-review-031

カメラ

ウェブカメラを前面200万画素、背面500万画素の2機備えます。

diginnos-dg-d09iw2sl-review-006

画素を見れば分かる通り、画質はそれなりではありますが、インターネット会議、ちょっとした資料の撮影には困らはないはずです。

ベンチマーク

かなりムリヤリですがゲーム用ベンチマークで性能試験をしてみました。しかし、これが意外なほどよく動く!

試したのは3DMark。

 

一番軽いIce Stormでは50~70fpsを叩き出し、スコアはなんと15107
これは少し前の5万円前後はするノートパソコンのスコアと同等です。ブラウザゲームはもとより、軽い3Dゲームもプレイできるほどです。

diginnos-dg-d09iw2sl-review-019

 

ワンランク上のCloud Gateではさすがに苦しく、常時10fps前後でガクガクとしています。

スコアは1500。低いですが、この価格ならむしろ動くだけでも立派です。

diginnos-dg-d09iw2sl-review-022

映像に関してもかなりの能力を持っていました。

WTS的まとめ

機能も十分、画面も十分にキレイで緻密。これで3万円を切るというのは非常にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

会社で数台揃えたいとき、そんなに使用頻度は高くないけれどWindowsマシンが必要なとき、または軽いゲームを楽しみたいときにも気軽に購入できて、満足できる一台です。

 

diginnos-dg-d09iw2sl-review-022