NCASE M1にピッタリだった!9cmデュアルファン 高性能&静音CPUクーラー Cryorig M9をレビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日から小型ケース「NCASE M1 V6」を使い、新しい自作PCを組み立てています。

今日はCPUファンを重点的に紹介!というかCPUファンだけ紹介。

買ってきたのは92mmファンを前後に搭載した、めずらしい形のサイドフローCPUクーラー「Cryorig M9 Plus」です!

大きさの比較

いままで使用していたケースはLIAN-LI PC-Q10、CPUファンはCryorig H7でした。12cmファンを搭載する大型のサイドフロークーラーです。

H7はいわゆるATXサイズで145mmの高さがあります。PC-Q10は幅が20cmほどあるので5mmほどの余裕を残し、ギリギリ入っていました。

LIAN-LI PC-Q10とCryorig H7

 

H7は120mmの大型ファンをゆるく回し、かなり静か。サイドパネルを閉めればほとんど音が聞こえないほどです。高回転になると「グーン」という低い音が響きますが、それほど耳障りではありません。

Cryorig H7 とマザーボード

 

さて、今回組み立てるNCASE M1 V6は本体横幅が160mm、CPUクーラーの高さは130mmまで

H7ではまったくもって入りません。試しにマザーと合わせてみましたが、1cmほどサイドフレームから飛び出しました。押し込めばなんとかというレベルではない。

 

ケースがさらに小型化するのでCPUの排熱は極めて重要。できれば静音性も保ちたい

小型で、放熱力が強く、さらに静か。むずかしい要求を兼ね備えるクーラーが必要です。

色々眺め回して選んだのがCryorig M9 Plusです。(やっぱりデザインとかCPU上面のブラックの化粧パネルとか、Cryorigが一番好きなんですよ)

 

前後にファンを搭載することでトンネル効果を生み出し、中央の冷却フィンに高速で風を通します。この小ささでも高い冷却性を実現できます。

さらにリヤケースファンに近づければ、CPUを抜けた熱風は拡散せず、一気にケース外に排気されるといううれしいメリットも。

ミニケースは中に熱溜まりができるのが一番良くないのです。

 

H7とM9 Plusを比較。スペック通り高さは1.8cmほど違いますね。全体に二周りほど小さくなっています。

 

デュアルファンで厚みもあるので、なんとなくコロンとした形。サイコロっぽいといえばそんな感じ。

 

CPUとのコンタクト部分はすこしくもった感じの鉄プレート。ただ、ヒートパイプと繋がる内部は熱吸収力の強い純銅製ということです。(メーカー資料より)

付属品をチェック

付属品をチェックします。

ごく一般的な高性能クーラーの付属品です。

  • CPUグリス
  • グリス拭き
  • Intel / AMD 兼用バックプレートとピン
  • 二股CPUファンケーブル
  • その他ネジ類

 

最初にファンが2つあるのを見たとき、「あ!やばい!CPUのファンコネクタは一つしかないぞ!」と焦りましたが、当然のごとく二股ケーブルがついています。

2本ともPWM対応の4ピン。

組み立て!

マザーボードに取り付けていきます。

マザーはMPG Z390I GAMING EDGE AC

 

バックプレートはIntel用の「i」文字が入った側を上にして使用します。

 

CPUホールドピンの頭は六角形で、かっちりと溝にハマります。ぐるぐる回らないのでネジ止めがラク!

 

CPUグリスはおなじみ高性能の”くまグリス”ことサーマルグリズリーを使用。もうグリスと言ったらこれですね。

 

グリスはけっこう少なめかな?何度も付け直したりするのでケチケチ使ってます。(笑)

 

さて、CPUに載せたところでトラブル発生!

MPG Z390I GAMING EDGE ACはリヤ側に放熱を兼ねた大きな加飾プレートが付いています。(写真左上の「EDGE」と書かれている部分)

 

ここにリヤファンが接触してしまうのです!CPUに完全にかぶさらない!

 

ですがあわててはいけません。ぼくはあわてましたが。

ファンの位置は上下に5mmほど動かすことが可能。一度ファンを外し、フィン3枚分ぐらい上に移動して、再度合わせてみます。

うまく乗りました!(前後のファンの位置が少しずれている点に注目)

 

最近のマザーは、このような大型の加飾プレートが付いていることがよくあります。そんな場合でもM9 Plusは問題なく使うことができます。

ただ、厚さが3cmぐらいあるような大型プレートでは、無理があるかもしれません。事前に調査したほうがいいですね。まあそんなプレートが付いているのはATXマザーでしょうから、そもそもこんな小さなクーラーは使わないでしょうが。

また、メモリ位置からはしっかりとオフセットされているので、高さのあるメモリでも干渉することはありませんでした。

設置!

NCASE M1に搭載していきます!

うまい具合に収まりました。(配線途中で、みづらくてすみません)

M9 Plusのほぼ同じ高さにリヤケースファンがあり、CPUクーラー前→後→リヤケースファンという連携で、一直線に排気できます!

これならCPU周りに熱風があふれることはないでしょう。

実力チェック

それでは負荷テストをしてみましょう!

まずアイドル時点では38~40℃付近で安定です。ファンは492rpmとかなりゆっくり。音は耳を近づけてようやっと聞こえる程度。非常に静かです。

 

CPU使用率を100%に上げ、10分ベンチマークをかけました。

 

結果は57℃で頭打ち、ファンは最高782rpmでした!

ピーク時でもファンは「ヒュー」という小型ファン特有の軽い音。風切り音が聞こえる程度で、ケースファンにほとんどかき消されています。(ちなみにケースファンにも、静音のbe quiet! Pure Wings 2を使っています)

 

温度はまだかなり余裕を感じます。

この状態ならCore i7-9700、9700Kといった高熱のCPUでも冷やし切ることができそうです。ファンの回転数さえ気にしなければ、Core i9-9900Kもいけるかもしれません。

公称では130Wまで対応となっています。

 

ちなみにCore i5-9400Fのターボブーストクロックは4.10GHzとされていますが、全コア負荷状態では3.90Ghzで頭打ち。熱の余裕があってもこれ以上は無理そうでした。
シングルスレッドでもあまり4.0GHz以上は見ないですね。
電圧にカツ入れしないとダメかもです。

 

極小の空間でも、高い放熱力と静音性を兼ね備えている、ミニケース愛好家にピッタリのファンだと感じます!

黒の塗装でNCASE M1の雰囲気とも合っていて、ぼくの要望には100%応えてくれました!

 

こちらが完成写真。真っ黒でマジカッコいい。光りまくるのもいいけど、こういう”鋼鉄”な感じも好きなんですよ~。(最高はやっぱりMac Proですが)

 

NCASE M1 V6についてはこちら

シンプル&オシャレな人気のMINI-ITXケース NCASE M1 V6を購入!【内部構造チェック編】
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 選択肢があまり多くないMINI-ITX "専用" のケース。 最近は小型PCに人気が出て...
シンプル&オシャレな人気のMINI-ITXケース NCASE M1 V6を購入!【組み立て編】
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 先日購入したMINI-ITX 専用ケース「NCASE M1 V6」。前回はケースの構造などを紹...

WTS的まとめ

次に買い換えるときもCryorigだな。(笑)

性能とデザインがいい上に、実売5,600円前後という手頃な価格もGOOD!

ベストバランスですよ。

 

コメント