控えめに言って最高!34インチ湾曲ディスプレイは世界が変わる Alienware AW3420DW レビュー

どうも、太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日購入したAlienware 34インチ 4Kクラスウルトラワイド 120Hz ゲーミングディスプレイ(長)「Alienware AW3420DW」を1ヶ月ほど使ってきましたが、

はっきり言って最高です!

いままでの24インチディスプレイから乗り換えて、どれだけ体験が変わったかを書いてみます。

 

前回の詳細な機能レビューはこちら

緻密で広大で高速! 34インチ ウルトラワイド ゲーミングモニタ Alienware AW3420DW レビュー
こんにちは、太田アベル(@LandscapeSketch)です。 先日Microsoft Flight Simulator (2020)をパイロットのよう...

記事中の商品/サービス

デル株式会社
超高性能なAlienwareデバイスはDELL公式サイトで!(キャンペーン割引もあり!)

目の前を覆う大きさ

まず横幅80cmにもなる(撮影器具をはみ出すほどの)大きさ!

 

箱もヤバいほどでかい

 

ウィンドウを3つ縦に並べても十分に扱えるほどの巨大さで、「とにかく広い」の一言。

最近はプログラミングで、開発環境とブラウザを同時に開いたり、写真を見比べながらブログを書いたり、素材一覧を開きながらグラフィックを作ったりなど、複数のウィンドウを開く作業が非常に増えています。

マルチディスプレイももちろんいいのですが、やっぱりベゼルの部分が分かれ目になってしまうことで、ディスプレイ間でウィンドウを動かす際に引っかかったりすることなど、スムーズには動かせません。

また、ベゼル部分にかぶるようにウィンドウを置くと文章もすらすら読めません。

34インチのウルトラワイドならどこまでも一画面なので、ウィンドウをバラバラに置いてもスムーズ。大量のウィンドウを開いても余裕があります。

そして湾曲ディスプレイ

 

全体が視界を包むように湾曲しているので、これだけ大きくても無理なく左右まで見渡すことができます。

もちろん23インチほどのディスプレイに比べて視点の移動は多くなるものの、フラットなウルトラワイドディスプレイに比べては、かなりラクに見渡せます

 

ゲームは特に迫力を増します!

21:9に対応しているゲームなら、左右の視界が一気に広がり、非常に広い範囲が見渡せます。

レースゲームなら少し先のコースが把握できるようになりますし、FPSなら左右の味方や、死角から攻めようとしている敵の動きがよく見えます。オープンワールドゲームなら世界がより広く感じ、孤独に旅をしている感じがたまりません。

もちろんそういった気分的な点だけではなく、いままで画面からはみ出て見えなかったために不意打ちを食らっていた部分でも、目の端に敵がチラッと見えることで防御態勢が取れるようになりました。

上級者ならさらにうまく立ち回れるのではないでしょうか。

4Kクラス映像は緻密で美しい

ウルトラワイドUWQHD (3440 x 1440ピクセル) で映像は緻密。横長なので一般的な4K (3840 x 2160ピクセル)と比べると縦の長さが短いのですが、画素の密度は4Kそのもの

目を近づけてよく見ればピクセルをとらえられますが、少し離れればドット感のない非常になめらかな映像。強力なグラフィックボードを搭載し、画質を「高」や「ウルトラ」にできれば、まるで現実のような詳細度です。

最近のフォトリアル系ゲームなら、ちょっと離れたところから見ると、実写映画と見分けがつかないほどの美しさ

これは誇張でもなんでもありません。パラメータやミニマップなどが画面に表示されていなければ、知らない人はしばらくは実写映画だと思って見てしまうでしょう。

モンスターハンターの導蟲の光や氷のつぶなど、キラキラ細かく光る演出(パーティクル)が本当にきれい。幻想的なグラフィックもさらに美しく感じます。

プレイする自分自身が映像に没入し、まるで自分が映画の中で活躍している気分になります。

120Hzの高リフレッシュレート

映像密度も良いですが、さらに120Hzの高リフレッシュレートに対応している点も重要。

この大きさですが画面の動きは非常になめらか!もちろんそれなりのグラフィックボード(グラボ)が必要になるものの、120Hzを満足に出力できるとキャラクターの動きがかなり違います。いわゆる「ヌルヌル」な動き。

ゲームだけではなく、マウスカーソルの動きやウィンドウの移動さえもなめらかになります。

小さなマウスカーソルはかなり見づらいものですが、実は120Hzで見るとしっかりと「目で追う」ことができるのです。なんというかチラチラしない。サッと動かしてもよく見えるのです。

湾曲ディスプレイと合わせて、この高リフレッシュレートのおかげで目が結構ラクなのです。これは意外な利点かもしれません。

WTS的まとめ

いまでは部屋が狭かったのでウルトラワイドディスプレイには手を出さなかったのですが、いったん体験するともう元には戻せませんね!

ゲームや映画への没入感がハンパないですよ。ホント。

さらにAlienware AW3420DWは120Hzの高リフレッシュレートも使えます。単なるウィドウ操作さえもなめらかに見えるのでぜひ試してみてほしいと思います。

 

コメント