イオン得するタブレットは本当におトクなのか?実機レビュー!

おトクな情報に目がない太田アベル(@LandscapeSketch)ですこんにちは。

さて今日は名前からしておトクっぽい「イオン得するタブレット」を入手しました。インターネットから注文できるこのタブレット。どのあたりがおトクなのか調べてみます。

スポンサーリンク

おトクになるポイントとは?

まずほかのタブレットと比べてどのあたりがお得になるのか詳しく調べてみましょう。

 

得するタブレットはいわゆる格安SIMを利用して家の中でも外でも使えます。SIMの提供元はワイモバイルです。格安SIMは月額1,800円〜3,000円ぐらいが相場。

僕は現在、メインスマホにIIJmio(みおふぉん)を使っていますが、これは月2,500円前後。

 

では得するタブレットではどのような料金になるかというと月に980円。機種代込みでも2,354円です。ただし980円は2年間限定の料金。25ヶ月目からは1,980円となります。

比較的安い部類ですが、驚くほどのお得感はないですよね。

WAONポイントで基本通信料ゼロに

驚くほどのお得感はここから。

もう一つの強力な値引きはWAON[ワオン]ポイント



イオンを使っている人はほとんどの人が持っているであろうイオンカード。これで支払っていると通信料が割引になるプレゼントポイントがもらえるんです。

  • 30,000円分をイオンカードで支払うと1,177ポイント
  • 50,000円分をイオンカードで支払うと2,354ポイント

つまり5万円以上使うと通信料+機種代=2,343円が2,345ポイントで実質タダになってしまうんです!毎月イオンでたくさん買う人は、うまくいけばずっと無料でタブレットが使えてしまうわけですね!

なるほどね。これなら納得のお得感!

タブレット

入会キットはこちらのページから申請します。

最初にワイモバイルへの初期手数料として3,000円かかります。

んで届くタブレットはこれ。Fuawei(ファーウェイ)のMediaPad M1 8.0。8インチの大型ディスプレイと薄型ボディが特長。

イオン得するタブレット Review 008

クアッドコアCPU搭載で処理速度は中の上。YouTubeの動画を見てみましたがカクツキもなく再生可能でした。(LTEでYouTubeを見ると通信制限がかかってしまうので、Wi-Fiで見ましょう)

大きさ

男性(手のサイズ17cm)でギリギリ片手でつかめる大きさ。手の小さな女性ではきびしいかな。

イオン得するタブレット Review 002

 

ティッシュの箱と比べると横幅はほぼ同じ。長さが数センチ短い程度ですね。

きれいなディスプレイ

色合いのきれいなディスプレイ。解像度は1280×800です。

画面が大きいだけあってスマホと比べると文字は非常に読みやすいですね。解像度は現在主流のものより少し低いですが、ドットの荒さなどはそんなに感じません。

イオン得するタブレット Review 007

ストレージは少なめ

内蔵のストレージ(記憶容量)は8GBと少なめ。音楽をたくさん入れたり動画を入れたりするとすぐに埋まってしまうでしょう。SDカードで拡張も可能ですので、たくさん写真を撮ったりするときはカードを入れておくのがいいですね。

Webしか見ない、たまに写真を撮る、みたいな使い方なら8GBでまったく問題なしです。

イオン得するタブレット Review 107

Google Play

アプリを手軽に入れるためのアプリスタンド、Google Playにも対応。色々なアプリがワンタッチで入れられます。

イオン得するタブレット Review 104

イオンのサービスも充実

あたりまえですがイオンのサービスは全部入りです。(笑)

イオン得するタブレット Review 102 イオン得するタブレット Review 103

 

ネットスーパーからお中元、母の日のプレゼントまでイオンのネットサービスならなんでも使えます。オンラインで買い物してイオンカードで払えば通信料無料に近づきます。

WTS的まとめ

イオンを使うことが多い人にはかなりお得感のあるタブレットですね!

子供が食べ盛りで食費が30,000円を超える!という人ならその時点で料金半額ですからね。

うまく利用すれば家計に追加しなくても持てるタブレットです。主婦のためのタブレットといえるかもしれませんね。

イオン得するタブレット

イオンショップ