Synologyの最新NASシリーズDS220+/DS720+/DS420+/DS920+発売!2ベイモデルでもM.2 SSDキャッシュが可能に

WTS新商品タイトル

SynologyからNASの新モデルが発売されました!

2ベイ

DS220+(DS218+後継)> Amazon

DS720+(DS718+後継)> Amazon

4ベイ

DS420+(DS418+後継)> Amazon

DS920+(DS918+後継)> Amazon

モデル名の見分け方

Synologyのモデル名は単なる記号ではなく、先頭1~2桁が最大ドライブ名、後ろ2桁が発売された年式になります。

つまりDS220+はMAX 2ベイ(本体のみ)、DS720+は拡張エンクロージャを接続すれば合計7ベイ(2+5ベイ)まで拡張可能ということを表しています。

同じくDS420+は4ベイ、DS920+は9ベイ(4+5ベイ)が実現可能となります。

アップデートのポイント

今回の新モデルはどれも最新世代のIntel CPUに更新されました。前世代に比べて処理速度が少しアップし、より省電力になっています。

モデル名CPU
DS220+Intel Celeron J4025
DS720+Intel Celeron J4125
DS420+Intel Celeron J4025
DS920+Intel Celeron J4125

 

そのなかで特に注目したい進化はDS720+。いままでのDS718+と同じ2ベイモデルなのですが、今回からなんとM.2 SSDのスロットが搭載されました!

これはどういうことかというと、2ベイモデルにもかかわらず、超高速なSSDキャッシュを利用することできるということです。

 

M.2スロットを備えていないNASでは、SSDキャッシュを利用するには2.5インチのSSDを利用するしかありません。ということは、貴重なドライブベイをキャッシュ用SSDで埋めてしまうということになります。

SSD 1+HDD 1というこ構成にすると、RAIDが組めないのでHDDの安全度も低くなり、SSDは1台なので読み込みキャッシュしか効きません(読み/書きキャッシュを実現するにはSSDは2台必要)。安全性としても高速性としても、意味のある構成とはいえません。

または2台ともSSDにしてフルフラッシュストレージとすることもできますが、高速性は文句がないものの、大容量を実現するとHDDの2~4倍の金額かかってしまいます。2TB SSDは執筆時点で平均25,000円前後(メーカー不問)。HDDなら9,500円(WD RED)。速度のためだけにこの価格差を納得できるかどうか、分かれるところでしょう。

NASでは最低でもRAID 1を組むことを考えると、SSDでは2TBで5万円にもなってしまいます。2TBで十分といえるならOKですが、多くのPCが512GB以上のストレージを備えている現状では、余裕のある容量とはいえません。大容量の4TB SSDとなると、今度は1台で6万円。もはや個人用途ではありえない金額です。

 

それに対しての回答が、M.2 SSDスロットです。

M.2 SSDスロットはSSDキャッシュを実現するための専用スロット。2スロットあり、2本装備すれば読み/書きともキャッシュが可能。しかもメインのドライブベイは減りません。

Synology NASのSSDキャッシュスロット(写真はDS918+)

 

大容量HDD 2台でRAID 1を組み、容量と安全性を確保。さらにSSDキャッシュで読み/書きのスピードアップを実現。2ベイモデルなのに、まるでRAID 5のような安全性と高速性を兼ね備えた構成となります。(HDDはRAID 1で故障耐性 1本なので、RAID 5相当と換算)

執筆時点(2020/6/1)で4TB HDDWD RED / WD40EFRX-RT2)は16,000円。M.2 SSD NVMeタイプは、250GBで6,000円シリコンパワー SP256GBP34A80M28)。合計44,000円。個人でも手が届く範囲でしょう。

 

ちなみに当サイトではSynologyのNAS DS918+で、SSDキャッシュの有効性をテストしています。細かなファイルのアクセスが数倍の速度になります。よろしければご参考に。

Synology DS918+にSSDキャッシュを追加する!M.2スロット搭載でHDD本数が減らないのも利点
どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。 今日はSynologyのNAS DS918+にSSDキャッシュを追加します。 5万円以下...

WTS的まとめ

4ベイモデルは順当な進化という感じですが、DS720+のM.2スロット装備は、非常に大きな進化です。2ベイモデルでも安全、高速を兼ね備えたNASを構築できるようになりました。

個人用途、中小企業への導入にも魅力がありますね。

ちなみにSynologyから、導入ガイドブック付きのモデルが販売されています。初めての方はこのようなモデルもおすすめ。

一つ残念なところと言えば、4ベイでも2.5GbEや10GbEが見送られてしまったところ。せっかくのSSDキャッシュを活かすために次回はぜひ搭載してもらいたいところ。

コメント