VMware Parallels VirtualBox 対決タイトル

VMware Fusion5 / Parallels 8 / VirtualBox4.1 [Mac仮想化ソフト対決 2012]

Macでは定番の仮想化ソフトはVMware FusionParallelsVirtualBoxの3本。

9月4日にParallelsの最新版バージョン8が登場したことで、2012年の最新版が揃いました。

 

ということで、今回も性能試験とそれぞれの使いどころを探っていきます。

もくじ

前回の復習

前回はParallels7、VMware Fusion4、VirtualBox4.0にて同様のレビューを行いました。

主に描画速度を中心にベンチを取り、その結果私はParallels7を選び現在に至ります。

大変調子よく使っていますが、メジャーバージョンアップとなるFusion5、細かな改善が続くVirtualBoxはどんな仕上がりなのか、非常に気になります。

調べる内容は?

Parallels「現在よりどれだけ速くなっているのか?バージョンアップする価値はあるのか?」について考えてみます。

 

対抗のVMware Fusion「前回のベンチマーク(Ver.4)よりも速くなっているのか?Parallelsから乗り換える価値はあるのか?」で調べてみます。

 

また、VirtualBoxは前回は3Dのベンチマークソフトは起動ができませんでした。この辺りが改良されているかどうかを調べます。

 

今回のiMacのスペック

(前回からなんにも変わってません。比較できるのである意味、都合がいい)

  • iMac 24インチ
  • CPU  Core 2 Duo E8235  2.8GHz デュアルコア
  • グラフィックボード ATI Radeon HD 2600PRO 256MB GDDR3
  • メモリ 4GB
  • HDD 2TB(換装済み)

それぞれの仮想PC

  • CPU 1コア
  • メインメモリ 1024MB
  • OS Windows 7 Home Premium (32Bit)
  • グラフィックメモリ 扱える最大値
  • ベンチマークソフト FutureMark 3DMark 06(Basic)

仮想マシンのOSはWindows 7(32bit)にて実験することにしました。前回はXPという少しバージョン遅れのものを使っていましたので、7にすることでより現在の状況に即した結果が出ると思われます。

 

ベンチマークソフト

ベンチマークソフトはあいかわらず3DMark06

それぞれの仮想ソフトのWindows内ではDirectX9までのソフトしか動かせません。ということは最新のMacで動かしていても、DirectXは9までとなります。

最新のWindowsゲームはDirectX10以上のみに対応している、というものもあります。ゲームプレイが主な方は注意してほしい点です。

 

8件のコメント