タブレット レビュー レビュー

安価すぎるWindowsタブレットがパワーアップ!わずか29,800円で64GBストレージ搭載! Diginnos DG-D10IW3SL レビュー

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

激安のWindowsタブレットといえば、ドスパラのDiginnosタブレット。今日はその中でも最大サイズの10.1インチディスプレイを搭載する「Diginnos DG-D10IW3SL」を借りてまいりました!

前モデルでは32GBとちょっと心もとなかったストレージ容量が、一気に64GBへと倍増。しかもお値段据え置きの、わずか29,800円(税別)!

10.1インチ 1920×1200ピクセルの高解像度を誇るディスプレイ、フル機能のWindows 10、そして64GBのストレージを搭載してこの値段ですよ。あいかわらずがんばりすぎです。もちろん新品です。

さっそく使ってみましょう!

スポンサードリンク

外観

白い清潔感のあるシンプルな梱包。

外観はブラックで角張っていて、ちょっと無骨な感じ。コストダウンのためかボディーカラーは黒に限定されますが、ここは仕方のないところ。それよりもこの驚異的な低価格のほうが重要でしょう。

厚さは9.6mmと最近のタブレットとしては厚めですが、実際に手に持ってみるとそんなに厚くは感じません。画面サイズが大きいので相対的に薄く感じるのでしょうか。

大きさは約260(幅) x 168(奥行き) mmで、A4用紙を一回り小さくした感じ。

重量は590g。片手で持つとしっかり重みを感じます。長時間片手で支えて使うのはキビしいかも。

このクラスの大型タブレットは、片手で持って使うというよりは、机に置くか両手に持って使うものだと思います。ノートパソコンよりはだいぶ軽いので、カバンに入れて持ち運びなら苦にはなりません。

黒くて見づらいですが、電源と音量ボタン。

 

下側には拡張端子もありますね。今回はモノがないので試せませんが、キーボード付きカバーなどで使用する端子でしょう。

大きく高精細なディスプレイ

10.1インチ、1920×1200ピクセルの高解像度を備えるディスプレイです。密度は224ppiとかなり高い部類。文字はとてもなめらかに見え、画像や映像は細かな部分までくっきりとしています。

近くで見るととても大きく、迫力があり、またとても文字が読みやすい。画面が広いので一気に情報を把握することができます。調べ物やマップはスマホよりはるかに効率的です

色合いを見てみますと、写真を映してiPadなどと比べると、全体的にコントラストが弱め(色が浅い)かな~と思います。

とはいえ DG-D10IW3SL 単体で使っていれば気になるほどではありませんし、初めて使う人はまずわからない点です。色合いはコストがかかる部分ですから、十分値段以上だと感じます。

Windowsの画面は、どこも違和感はありません。

ポート類

タブレットなのでポートは制限されますが、それでもUSB 3.0 Type-A、miniHDMI、microSDカードスロットなどを装備。

 

USBで機能的な拡張、mini HDMIで大きなディスプレイへの出力、microSDによる容量アップなどができます。

ベンチマーク

軽く2本のゲームをベンチマークテストしてみました。

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエスト Xでは画質は標準、解像度1280×800でテストしています。キャラが多数登場する場面ではかなり処理落ちは見られるものの、なんとか遊べるほどのフレームレートは確保されています。

プレイする際は画質は「低」にした方が快適ではあります。

3DMark

最も軽いIce Stormのみをテストしました。スコアは17827で、30fps以下にフレームレートが下がる場面が何度かありました。こちらも動きとしてはギリギリな感じを受けます。

軽い3Dゲームは解像度を下げたり、エフェクトを抑えたりすればなんとかゲームプレイは可能そうです。艦これのような2Dゲームなら快適に遊べます。

またベンチマーク中に気づいたことですが、USB給電しながら高負荷の操作を続けると、右背面がかなり熱くなってきます。これは動画再生など重い処理でも同様ですので、膝の上にのせる場合は低温やけどに注意したいですね。

もちろん普段使いではそんな高温になることはありません。ウェブブラウジングや事務処理を行う程度なら、全体的にほんのり暖かい程度です。

空き容量は?

冒頭にも書いた通り、前モデルでは32GBだったストレージ容量が64GBへと倍増しています。32GBではOfficeなどをインストールするとすぐにギリギリの容量となってしまいましたが、今回から余裕が出そうです。

スペック

今回テストしたモデルのスペックです。

項目 スペック
CPU インテル Atom Z3735F プロセッサー(クアッドコア, 定格 1.33GHz, 最大 1.83GHz, キャッシュ2MB)
メモリ 2GB
OS Windows 8.1 with Bing
グラフィック インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
ディスプレイ 10.1インチ液晶 (1920×1200ドット表示/ 10点マルチタッチ対応)
ストレージ 64GB eMMC(パワーアップ)
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 + HS
センサー 加速度センサー、GPS
USB 2.0 1
microUSB 1
映像出力 miniHDMI x1
サウンド ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ), スピーカー内蔵, マイク内蔵
カードスロット microSDカードスロット(SDXC)
カメラ 約200万画素 WEBカメラ フロント x1,約500万画素 WEBカメラ リア x1
サイズ 約260(幅) x 168(奥行き) x 9.2(高さ)mm
重量 本体 約560g
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約8.8時間 JEITA2.0)

■価格やスペックについて■

価格やスペック、オプション品、キャンペーン等は記事掲載時点(記事の掲載日付は最上部に掲載)での内容となります。構成内容は予告なく変更、終了する場合がございます。ご購入前には必ずスペックと価格を再度ご確認ください。

 

WTS的まとめ

こんな安い機種に多くは望んではいけない・・・と頭ではわかっているのですが、基本的なデキがいいのでついつい上位機種と比べてしまいます。フル機能のWindowsを搭載していますので、Windowsでできることはすべてできます。

速度的にもまともに使うことができますので、緊急用やサブとしてのWindowsマシンとして、持っていてもいいかもしれませんね。

 



デジノス DG-D10IW3SLのキャンペーンページはこちら