パソコンパーツ ブログ レビュー

Geforce が安くなったぞ!MSI GTX 1080 ARMOR 8G OCを大購入!だがケースに問題発生

先日発売となった、nVidiaの新しい最強GPU「GeForce GTX 1080 TI」。先日まで”最強”とされていたGeForce TITAN Xさえも上回る場面があるという、コンシューマ系最強のチップです。というかTITAN Xを超えちゃっていいのか?序列がおかしい。

さて、最上位のGPUが入れ替わることで、下のグレードがかなり値下げとなっているのに注目。特に今まで最上位だった GTX 1080が 5000円近い値引きとなるなど、お得感が強くなっています!

ということで!GTX 1070を使っていた僕も、早速GTX 1080ゲット!

買ってきたのは「MSI GTX 1080 ARMOR 8G OC」。
NTT-Xで5,000円値引きクーポン+800円限定クーポンで、64,000円(税込)でした!安い!

いままで8万円前後だったGTX 1080が、6万円半ばに下がってきて本当に買いやすい。

スポンサードリンク

問題は・・・

取り付けるのは僕の自作マシンですが、問題が一つ。

実は使っているLIAN-LIのケースは、長さが270mmまでのカードしか正式対応していません。現在搭載しているのはFounders Editionとほぼ同サイズのASUSのTURBO-GTX1070-8Gで、これでもケースギリギリ。

 

対して今回購入したMSI GTX 1080 ARMOR 8G OCは279mm・・・明らかにオーバーしています。

さらに、TURBO-GTX1070-8G のほうは幅が11cmと横方向にも余裕がありましたが、GTX 1080 ARMOR 8G OCは14cmとこれまたギリギリ。

とにかく縦、横、高さすべてがほぼいっぱいとなることは間違いありません。 電源ケーブルなどがしっかり配線できるのか、心配です。果たして入るのでしょうか?

というか入らなかったら即オークションです。(;´Д`)

カードを点検

外観を見てみます。

ただの黒い箱のようなASUS TURBO-GTX1070-8Gと比較すると、GTX 1080 ARMOR 8G OCはかなりゴテゴテしています。とはいえカラーはブラックとホワイトのみを使ったモノトーンで、ケース内の色を抑えたい時にうれしい。LED類もありません。僕は好み。

 

大型のツインファンは60度以下で自動停止する、Zero Frozr技術を採用。ファンブレードにひねりを加えた独自の意匠で、風量アップと静音化を同時に実現しています。

 

太いヒートパイプが側面をはい回っています。見るからに冷えそう。

 

カードを持ってみると、ヒートシンクなどはすでにひんやりとしています。放熱効果はかなり高そうです。

フレームも金属を多用してあり、かなりガッチリとしています。そしてずっしりと重い。877gあります。

とにかく入れる!

早速取り付けてみます。

まずケース前面にあるUSB端子などのケーブルが当たりそうなので、かなり急角度で曲げて固定。なんとか3mmほど空間を作り出すことができました。

 

カードを入れてみるとまさにギリギリ!でも入った!

裏配線とGPUのスキマは目測で2mm弱!接触寸前です。ここまで近いとカードのノイズでUSBに悪影響が出ないか心配になる。まあ前面はあまり使わないから気にしないことにします。どうしようもないし。

 

次に幅。

こちらもケース側面パネルにギリギリです。というか、そのままの状態では配線が完全に外に出てしまっています・・・

電源コネクタもASUSは8ピン1コネクタですが、GTX 1080 ARMOR 8G OCは8+6の2コネクタ。ケーブルもかなりカタイので、ぐいぐい曲げながら取り付けていきます。コネクタが破損しないか、基盤が破損しないか、かなりドキドキ。

 

とりあえず取り付けて、ケーブルを押し付けながらパネルを閉めるという、どう考えてもケーブルにやさしくない方法でようやっと格納!

なんとか取り付け完了です!ラッキー!

というのかいいのかこの配線?まあ火を吹くことは(たぶん)ないでしょう。

GTX 1080を秒殺でヤフオクに出す、という事態は免れました。

かなり静か!

動かしてみました。すごいですね。かなり静かです!

温度も計測してみましたが、超小型ケースにも関わらず、GPU温度はMAX 83度で抑えきっています。

 

20分間 3DMark のストレステストをかけましたが、 最大温度でもファンは「シュー」というかなり低めの音で耳障り感はなく、それ以上大きくもなりませんでした。GTX 600シリーズ時代のような「ブオオオオオン!」という、掃除機か!と思うような音とは段違いです。

消費電力は最大244Wを計測。

 

そしてZero Frozr技術

公式では60度以下でファンが停止となっていますが、システムモニタを見ていたところ50度以下でファンが0回転となりました。ファンが止まってしまえばカードは完全に無音。あまりの静かさに、最高クラスのGPUを搭載していることを忘れそうになります

気になるのは熱だまり

1点気になっているのは、TURBO-GTX1070-8Gでは外排気でしたが、GTX 1080 ARMOR 8G OCでは内排気となること。つまり熱がケース内にたまりやすくなるということです。

大型CPUクーラーとケースファンで問題はないと思いますが、気になるので次回はトップファンを付けていこうかと計画中です。

WTS的まとめ

なんとか収まって本当に良かった!久々の緊張感でした。メーカーの規格に従うなんて、絶対にイヤですよね!(!?)

次回はさらなる冷却効率を求めて、トップファンを取り付けていこうと思います。

今回購入したのは NTT-X