ガジェット・デジタルデバイス レビュー レビュー

かわいいLEDランプ 実はスピーカーも内蔵!ただし音はラジオ並

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

子育て中で夜中に起きることも多く(寒くてつらい! ><)、バッテリー式のまぶしくないランプがほしいな~と思ってアマゾンを見ていたところ、ちょっとおもしろいグッズを見つけました。

なんとBlueToothスピーカー付きの、バッテリー駆動LEDランプです!

いろいろな色のやさしいランプと、ちょっとしたBGMスピーカーとして、買ってみたが・・・?

スポンサードリンク

シンプルな形

買ってきたのはこれ!Marsboy LEDスタンドライト スピーカー付きのLEDランプ。いちおう「Magic Lamp」という名称があるようですね。

 

中身はこれ。シンプルでなかなかかわいい形です。インテリアとしてもいい感じ。SonyとかAppleならまだしも、名もないメーカーのロゴは不要ですね・・・

 

台座は木になっています。裏側にはUSB(micro-B)端子が。

使い方

頭の中央部にボタンがあり、ここを長押しすると起動します。いきなり英語で「ブルートゥースモード、ヒアー」みたいにしゃべりだしてビックリする。(;^^

 

起動すればすぐにBlueTooth接続状態になります。あとはスマホからBlueToothスピーカーとして、このランプを選択するだけ。すぐに音楽が流れます。

この皿の部分はタッチパネルになっていまして、ランプの調光や色変えができます。くるくると回すようにタッチすると音量も変えられる・・・のですが、精度が悪くて、色が変わってしまったり音が妙に小さくなったりと使いづらい!

 

ちなみにスピーカーの音は、よく言えばラジオっぽい。悪く言えばカスカス。いい音でBGMを流したいな、と思っていたら買っちゃダメです。

ディズニー好きの人ならわかるかもしれませんが、ディズニーシーのインディージョーンズのあたりで流れているラジオっぽいBGM。あれをちょっと良くした感じの音。

僕はネットラジオなんかを流しているので、このラジオっぽさが逆にちょうどいい感じですが、こういう人は少数派だと思う。

 

あと、BlueToothのペアリングメモリは1台だけしかできない模様。ある1台とペアリングしたら、他のはつなげませんでした。

つなぎなおす場合は、最初にペアリングしたマシンのBlueToothを切って、新しいマシンとペアリングする必要があります。めんどう。

ランプの色

ランプの色は、白が3段階(明るい、中間、暗い)と、赤や青や紫など7色ぐらいです。ちょっと楽しい。

白は3段階の明るさですが、そんなに大差がない。もっと明るいと暗いがくっきりしていてほしい。(下の写真は最大と最小。ほぼ違いがない)

ついでに起動するごとに白に戻ってしまうのがなんともね。安さを感じる。

夜中のランプとしては使えない!

致命的だったのはこれ。

夜中に子供をお世話するランプとして使いたいと思っていたのに、スイッチを入れるたびに「ブルートゥースモード ヒアー」と思いっきりしゃべるのでうるさい!

子供を起こしたくないのでまったく使えません。(;´・ω・)

WTS的まとめ

安いなりにいろいろがんばっていると思うけど、いろいろツメが甘いですね。典型的な中国製品ぽさを感じる。

電話受話機能なんかもあるけど、多機能さは削って基本機能をもっと考えてほしいと思う。

とりあえず今は昼間のBGMマシンとして使用中。(ランプ意味なし)