NAS ブログ レビュー

QNAP TS-451+に保証されていない16GBものメモリを増設してみる!手順とレビュー」

先日購入した新しいNAS「QNAP TS-451+」のレビューです。

この機種はメモリを増設することができます。標準で保障されているのは8GBまで。しかし、海外のレビューサイトなどを見ると16GBで認識した!という怪しい情報がちらほら。

どうせなら限界を超えて積んでやろう!ということで、16GBメモリを買って増設してみた!

スポンサードリンク

買ってきたメモリ

メモリはAmazonで安かったA-DATAのものを1枚、使わずに余っていたシリコンパワーのものを1枚用意。

qnap-nas-ts-451-review-016

本当は、メモリはまったく同じものを2枚用意するのがいいのですが、フトコロ具合の問題で(苦笑)余り物のパーツを流用となりました。

 

ちなみにこちらのサイトで増設のレビューがありましたが、「一般PC用のメモリを購入しましたが見事に相性が合わず利用できず」という表記があり、その後わざわざ海外アマゾンから取り寄せるという内容でした。

これは僕の推測ですが、メーカー相性などではなく、たぶん普通のDDR3を使ったのではないかと思います。

TS-451+が使うメモリはDDR3Lという1.35Vで駆動する低電圧版です。少し前のノートで使っているDDr3は1.5Vで駆動しますので、ソケットはまったく同じなのに動かない、という状態になります。たぶんこれではないかと。

今回はもちろんDDR3Lのものを2枚用意しています。

バラす!

で、メモリ増設です。

フタを開けて挿せばオッケーというようなものではなく、なんとケースやシャーシをいろいろ外さなくてはなりません。なかなか手間。それでも15分あればできると思います。

まず外側ケースを外します。トレイをすべて外します。(注意!もしすでに運用の始まっているNASの場合、ディスクの順番が変わるとRAIDが崩壊する場合があります。ディスクの順番を必ずわかるようにしておいてください。また必ずフルバックアップもしましょう。)

qnap-nas-ts-451-review-017

 

後ろ側についている4か所のネジをすべて外します。

qnap-nas-ts-451-review-018

 

ケースを後ろに引いたあと、上に持ち上げると外れます。引くときはちょっと力が要るので、こうやって立てた方がよかったですね。

qnap-nas-ts-451-review-020

qnap-nas-ts-451-review-021

 

内部シャーシが現れました。

qnap-nas-ts-451-review-022

 

基板やファンが見えますね。

qnap-nas-ts-451-review-023

 

ドライブケージの隙間からメモリモジュールが見えます。次はこいつを外します。

qnap-nas-ts-451-review-024

 

サイドと上側にこういう赤いチェックのしてあるネジがあります。これらをすべて外します。

qnap-nas-ts-451-review-025

 

次にケージを持ち上げますが、このようにコネクタで刺さっています。無理に引き抜くと破損しそうなので、慎重に垂直に引いていきます。

qnap-nas-ts-451-review-027

 

外れました!

qnap-nas-ts-451-review-028

 

いよいよメモリの差し込みですが、前側はいいとして、横向きのソケットはなぜかケースフレームの下になっています。なんだこれ。

qnap-nas-ts-451-review-029

 

フレームの隙間を横からすべらせるようにメモリを入れ、穴に指を入れながらなんとかソケットに。なかなかむずかしいぞこれ。

qnap-nas-ts-451-review-032

 

なんとか増設完了!起動して失敗したら、またバラすのはめんどうだなぁ・・・

起動する!

ディスクをすべて戻し、いよいよ起動です!とりあえず起動時の警告音などはなく、無事起動を始めました。ほっと一息。

無事管理画面が現れました!

システムステータスを見てみると・・・おおおお!16GB認識されてるぅぅぅぅ!こいつはうれしい!

Qsync-001.png

WTS的まとめ

なんとかすんなりと認識させることができました!バラしは結構手間でしたが、そんなにむずかしくはないので誰でもできそうですね。

メモリは種類(DDR3L)に十分注意して購入してください。ちなみにメモリ類はドスパラが安いです。