ノートブックパソコン レビュー レビュー

わずか27,700円!手頃な価格とコンパクトボディで毎日持ち運びたくなるノートパソコン HP Stream 11-y000 レビュー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

今日はHPからは販売されているわずか27,700円(税別)、重量1.13kgという非常にコンパクトなマシン「Stream 11-y000」をお借りしてきました!

鮮やかなブルーも楽しい、毎日持ち出したくなるコンパクトノート!

スポンサードリンク

スペック

項目 スペック
OS Windows 10 Home (64bit)
CPU Intel Celeron N3050 (2コア / 2スレッド)
メモリ 2~4GB
メモリスロット (空きスロット) 0(0)
ディスプレイ 11.6インチ
解像度 1366×768ピクセル
ストレージ 32GB
ポート類 HDMI 出力端子×1、USB3.0×1、USB2.0×1、
Bluetooth あり
無線LAN(Wi-Fi) 802.11 a/b/g/n/ac
有線LAN なし
サイズ 約 300 × 205 x 18.5(最薄部)-20.0(最厚部)mm
重量 約1.13 kg

デザイン

鮮やかな水色のボディ。楽しさや軽快さを感じさせる色です。
小さく丸みを帯びた形が、やさしさも感じさせます。
hp-stream-11-y000-review-002

 

HPのロゴが中央にあるだけのシンプルなデザイン。
hp-stream-11-y000-review-015

 

パームレスト部には光沢感のあるラインが入っていて、けっこう目立つアクセントになっています。Pavilionなどの上位機種にも同様の意匠が盛り込まれていて、一目でHPのシリーズだとすぐわかります。
hp-stream-11-y000-review-006

 

[参考] 上位機種のPavilionのパームレスト。(レビューはこちら
hp-pavilion-15-au000-gold-review-004

ディスプレイ

ディスプレイは11.6インチ、解像度1366×768のワイド液晶。前代までは光沢画面でしたが、今回から非光沢画面となり、反射が少なくなって見やすくなりました。
hp-stream-11-y000-review-010

 

映像の色合いもよく、趣味から仕事まで幅広く使えそう。
ただ、急な角度からのぞくと多少色の変化が見られますが、ノートパソコンは通常正面で使いますので問題はありません。
hp-stream-11-y000-review-011

 

ディスプレイはこの角度まで倒すことができます。
hp-stream-11-y000-review-012

手に持った大きさ

大きさも持ち運びにちょうど良いです。
小脇に抱えるという表現がピッタリの小ささ。重さも1.13kg、ペットボトル2本分ぐらいとかなり軽量ですので、カバンの片隅に入れていつも持ち運ぶことも可能です。
hp-stream-11-y000-review-001

キーボード

キーボードはオシャレなホワイト。
hp-stream-11-y000-review-004

 

本体は小さいですが、キーは十分な大きさを保っています。InsertキーがFn+Prn SCに置き換えられているなど、少々変則的なところがありますが、これは面積上仕方のない部分と言えそうです。
hp-stream-11-y000-review-003

それよりもタッチタイプができる、大きなキーを実現したことの方が重要です。

キーのバックパネルも比較的しっかりしていて、中央を強く押してもたわみはわずか。安いパソコンはキーボードがフニャフニャしていることも多く、打ちにくい機種も多いのですが、Stream 11-y000は強度も打ちやすさも合格点です。
hp-stream-11-y000-review-005

タッチパッド

タッチパッドは1プレートタイプ。ボディーカラーと統一されています。

右下、左下を押すと左/右クリックが行えます。

hp-stream-11-y000-review-008

ポート類も意外に多い

11インチの小ささなので、拡張ポート数も制限を受けてしまいますが、意外に必要十分な数でした。
USBが左右にそれぞれ1つずつ、HDMIポート、microSDスロットもあります。

外付けのUSBキーボードやマウスを使いながら、HDMIでプロジェクターに映す、なんていう使い方も、拡張機器を使わずに実現できます。

BlueTooth機能もありますので、BlueToothタイプのマウスを使えばさらにポートを節約できます。

気になるのはストレージ容量

軽くてデザインもよく、持ち運びしやすいと、弱点の少ないマシンですが、1点気になるのはストレージ容量

SSd Solid State Drive

32GBという容量は、スマホやタブレットと同じぐらいの容量です。最初からインストールされているWindowsの分を除くと、残りは12GB程度しかありません。大きなソフト(Microsoft Officeなど)を入れたり、動画を入れたりすればすぐにいっぱいになってしまいます。

ただ、11-y000には購入時の特典として Microsoft OneDrive 100GBを2年間利用できる権利が付属します。(期限終了後は有料)

あまり使わない書類、写真などはOneDriveに置いておけば、ストレージに余裕ができます。OneDriveの書類は、インターネットさえあればいつでも出し入れすることができますので、ローカルストレージとあまり変わらない感覚で使えるはず。

もしくは、microSDカードで拡張するという手もあります。

最近は120GBなど非常に大きなmicroSDカードも販売されています。データドライブとして常に挿しておけば、かなりの大容量データも持ち運べます。

オンラインストレージは使い方を学ぶ必要もあり、2年後は毎月料金がかかりますので、最初からmicroSDを活用するのもおすすめです。

WTS的まとめ

非常に安い価格ながら、必要十分な機能を搭載しています。

家庭で手軽に使えるパソコンとして、子供用のパソコンとして、ちょっとした書類づくりのマシンとして、いろいろな場面で活躍できそうです。