ゲーミングパソコン レビュー デスクトップパソコン レビュー レビュー

G-Tune LITTLEGEAR GTX1070のベンチマーク結果とは?小さく、安価でも十二分のパワー!

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

先日からVR(ヴァーチャルリアリティ)システムの「持ち運び用マシン」として特集している、G-TuneのLITTLEGEAR(リトルギア) i310。(※テスト機はWorkToolSmithコラボモデル)

今日はベンチマークを図ってみて、その実力を探っていきたいと思います!小さく、安価で、静かなのに、驚異的なパフォーマンスを発揮した!

スポンサードリンク

スペック

スペックのおさらいをしておきましょう。

今回は「LITTLEGEAR i310 WorkToolSmithコラボモデル」です。当サイトでVRに対して必要になる要素を検証。オプションを何も変更せずに、快適にVRの世界へ飛び込めるマシンとなっています。
(※VRシステムは別売り)

項目 スペック
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー (4コア/3.40GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス GeForce® GTX™ 1070(8GB)
メモリ 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
M.2 SSD 256GB Samsung SM951 NVMe対応 M.2規格
SSD 480GB Serial ATAIII
チップセット インテル® H110 Express
電源 700W 【80PLUS® GOLD】

3Dmark

まずは定番の3DMark。最上位のFire Strikeを3種類ベンチマークしてみました。

まずNormalでは全域を通して50fpsとなっている感じでした。なめらかに再生できています。スコアも14,344ポイントと、GTX 980 TIに近い数値が出ています!

Extremeは火花のシーンなどではカクつきを感じるものの、全体的に十分なフレームレートです。スコアも7,786ポイント

最も重いUltraでは、光などが多いシーンでは10fpsほどに落ち込む時が多く見られましたが、スコアは粘りを見せ、4,169ポイントと、4000の大台を超えています。

FF14 新生エオルゼア

ファイナルファンタジー14 新生エオルゼアのベンチマーク。FULL HD (1920×1080)で最高画質をテスト。

18414ポイントで非常に快適の判定。18,000の大台をあっさりと超えてきました。

LITTLEGEAR i310 [GTX 1070 WTS] ベンチマーク-012

FF14 蒼天のイシュガルド

FF14 蒼天のイシュガルドベンチマークです。このテストは最新のDirectX 11と、旧来のDirectX 9を使用したテストに分かれています。

まずは従来のDirextX 9を使用したテスト。16,411ポイント!もちろん非常に快適の判定。コマ落ちは一切見られません。

LITTLEGEAR i310 [GTX 1070 WTS] ベンチマーク-013

 

続いてより美麗な描画になり、重さも増すDirextX 11のテスト。

15,000の大台を超えてきました!15,096ポイント

LITTLEGEAR i310 [GTX 1070 WTS] ベンチマーク-014

 

結果はどちらも「非常に快適」の判定です。全てのシーンで余裕を感じられるなめらかさです。DirextX 11バージョンは、水面の表現や、光の表現などがより細かく、質感が増しています。

LITTLEGEAR GTX 1070なら、最高画質でも平気で遊ぶことができます。

ドラゴンクエストX

軽量級のゲーム、ドラゴンクエストXです。

問題などあろうはずもないですが、一応ベンチマークです。

結果はもちろん最高のはぐれメタル「すごく快適」の判定。ポイントは18,014と非常に大きな数値になっています。

LITTLEGEAR i310 [GTX 1070 WTS] ベンチマーク-015

 

WTS的まとめ

現状発売されている、あらゆるゲームを「最高設定」で快適に遊べるパワーが備わっています。しかも、持ち運びできるほどの小型筐体に、です。

置き場所は狭いけど、なんとか最高のゲーム機が置きたい!と考えたら、LITTLEGEARは最高の選択になるはずです。

 

LITTLEGEARの詳細と割引キャンペーンはこちらから!

LIttlegear