ゲーミングパソコン レビュー ノートブックパソコン レビュー ブログ レビュー

NEXTGEAR-NOTE i5710(現行)とi5700のディスプレイの違い

どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

ぼくが現在メインマシンとして使っているG-TuneのノートNEXTGEAR-NOTE i5700。現在は最新版のi5710が販売されています。

先日、ブログ読者の方から「i5710を買うべきか迷っている」とご相談いただきました。もちろん即答で「良機種です」とお答えしまして、その後購入されて「満足」との連絡をいただきました!仲間ができてうれしいです。

どのマシンも一長一短がありますが、NEXTGEAR-NOTE i5710は全くスキがない良機種です。価格の手頃感、Core i7とGTX 970Mの組み合わせ、薄くて軽いボディ、黒くて鋭いデザイン、最大64GB搭載できるメモリ、2台のSATA、2つのM.2端子・・・

ほんとバランスが良すぎです。

実は、前機種のi5700はディスプレイがイマイチだったんです。最新のi5710と比較してみましょう。

スポンサードリンク

スペック的な話

まず何が大きく違うのかといえば、

  • i5700はTN液晶
  • i5710はIPS液晶

そもそも基本技術が大きく違います。

TN液晶はコストに優れますが、斜めからディスプレイを見ると色が変わったり、白っぽくなってしまいます。真正面でないと正確な色味がでないんですね。コントラストも低く、真っ暗の画面でも微妙にグレーで、締りが足りない感じです。

対してIPS液晶は、どの角度から見ても色を保ちます。コントラストもかなり高く、真っ黒から真っ白までビシッと表示できます。ただしコストがかかります。

正面の比較

実際に比較してみましょう。

正面からは大差ありませんが、i5700は上下の色味が微妙に変わっているのがお分かりになるでしょうか。i5710は全体に均質な色味です。

ナナメ横から

ナナメ横から見てみましょう。

まずは浅い角度i5710はほとんど変化ありませんが、i5700では色が変化してしまい、緑や黄色が薄く見えてしまっています。また赤も紫っぽく見えています。

さらにきつい角度から。i5710は多少の変化にとどまりますが、i5700は全体がかなり白く見えます。色の反転や階調飛びも発生しています。

ナナメ上から

続いてナナメ上から。

ここでも横と同じ現象が出ていますが、よりひどくなっています。i5700は真っ白になってしまい、文字を読むことがむずかしいほどです。対してi5710はあまり変化がありません。

WTS的まとめ

いかがでしたでしょうか。ディスプレイのパネルでここまで見え方が変わってくるのです。「なんだか画面が見にくいな~」と思う人は、一度スペックを確かめてみてください。

もちろんIPSを採用したもののほうが色が良いのですが、値段は高くなります。

IPSにアップグレードされたにも関わらず、ほとんど値段が上がっていないi5710はスゴイと思います。