マンガ

このマンガは買ってソンなしの5冊!Amazonのカドカワ50% OFFセール

先日、カドカワ+ドワンゴが完全合併し、「カドカワ」という社名になりました。

ということでAmazonで記念セールが行われています!おすすめタイトル5作をあげますので、ぜひぜひ読んでください!

【55%OFFまたは50%ポイント還元】ニコニコカドカワフェア2015

スポンサードリンク

おすすめマンガ5選


ダンジョン飯  (ビームコミックス(ハルタ))

剣と魔法の世界。

とある事情で「極貧状態」でダンジョンに潜ることになった主人公一行。果たして無事に目的までたどり着けるのか?・・・までは普通だが、お金がなくて食料が買えないなか、「ダンジョンでいかに空腹をしのぐのか」という、いままで(都合上)あえて無視されていた”食事”にスポットを当てたのが新しい!

しかも料理するのは野菜や果物だけじゃない!「魔物」もだ!

いやむしろ主に魔物だ!

大サソリの料理法って?動く鎧は食べられるのか?スライムはどこを食べる?

想像もしないアイデアに毎回爆笑しながらうなずいてしまう。このマンガ読んだあとに、ウィザードリィとかトルネコの不思議のダンジョンをやると、ぜんぜん違うものが見えます(笑)

ダンジョン飯
くっそ笑える

 

僕だけがいない街 (角川コミックス・エース)

自分の個性とは何なのか?苦悩する漫画家・・・だが彼は事件のあった「時間を巻き戻す(リバイバル)」という力があった。

そんな書き出しのマンガ。でも特殊能力はあくまで物語の味つけ程度。

とある事件をきっかけに大きく過去へ戻った主人公。過去に戻ったのなら何がしたい?何ができる?誰を助ける?あなた(読者)ならどうする?

詳しく書くとすぐにネタバレになっちゃうので、全然書けませんが、自分自身の行き方への問いを感じながら、主人公とともに成長できる感触を味わえる、良質なマンガです。

 

テルマエ・ロマエ (ビームコミックス)

ギリシア ハドリアヌス帝時代。お風呂設計家「ルシウス」が、現代日本にタイムスリップし日本の風呂文化に影響されていく話。

大昔の人が現代日本の風呂を見たら、どんな風に見えるんだろう!?

現在を生きるの私たちは”普通”だと思っている、アレやソレが、実は超絶スッゲーことだったんだ!と現代の便利さを振り返ることもできます。

日本の風呂に驚き、感動し、文化の違いを感じながら、故郷に持ち帰ってなんとか自分の時代で再現しようとするルシウスが面白く、アイデアに惚れる!

六巻完結です! まとめ買い> テルマエ・ロマエ


ストラヴァガンツァ-異彩の姫- (ビームコミックス(ハルタ))

“仮面の王女”ビビアンの自由奔放な人生物語。

とにかく絵が超絶的にウマイ!生き生きとした構図やカワイすぎる王女たち、迫力ある戦闘シーンなどが見どころです。

つーか美女しかいないのかこの世界は。

ストーリーはモンスターあり、騎士ありの、比較的軽めの中世ファンタジー系ですが、絵のうまさでグイグイ引っ張り込まれる。お城の外と中で生き様の変わるビビアンに、興味がかきたてられます。

 

砂ぼうず  (ビームコミックス)

うーん、実はここに並べておいてナンですが万人にはオススメしない漫画です。

日本のほとんどが砂漠化してしまった近未来。そこで荒くれ者を引っ捕らえたり、ヤバいブツを運んだりして生計を立てている、正体不明のスゴ腕請負人「砂ぼうず」

やたら詳しい銃の説明と、どこまでも砂っぽい世界。水はモチロン、手持ちの資金にも限りがある中、いかに低コストでミッションを達成するのか!?

毎回予想のナナメ上を行く活躍がかな~りおもしろい!

とまあ、こんなあらすじにピンとくるなら、買いです。ストーリーはギャグを織り交ぜながら比較的軽めですが、後半からかなり複雑で重厚な人間模様が描かれはじめます。

作者さんが急病で数年間掲載が止まり、ごく最近再開された、根強いファンが多いマンガ。

WTS的まとめ

特にダンジョン飯は必読ですよ!

「おもしろいアイデアってこういうことだ!」と脳をガンガン刺激されます。