VMware Fusion レビュー 仮想化(Windows/Mac)

ついにDirectX 10に対応!着実に進化したVMware Fusion 8が登場

Mac仮想化は奥が深いですね。どうも太田アベル(@LandscapeSketch)です。

Mac仮想化ソフトの一つ、VMware Fusion (ヴイエムウェア フュージョン)が最新の「」になりました!めでたい!

さっそく購入したので内容チェック!

スポンサードリンク

確実なバージョンアップ

今回のバージョンアップはまもなく登場予定とウワサされる、OS X 10.11 “El Capitan”への対応がメイン。新しいOSでも問題なく動くというのは大切です。

その他にもWindows 10への正式対応、継続的なパフォーマンスアップが計られています。

そして一番待ち望まれていたのが・・・

まっていたDirectX 10対応!

ゲーム 高度な3Dグラフィックスを扱うゲーマーグラフィックデザイナーに特にうれしいのは、やはりDirectX 10への正式対応

DirectX-10

Ver.7まではDirectX 9.0cまででしたから、最新のソフトがうまく動かせなかった人も多いはず。ようやっと10へ対応してくれました。

 

さらにOpen GL 3.3にも正式対応。現在主流のCADソフトや3Dソフトが動かせるようになります。3.x系で盛り込まれたジオメトリシェーダはいまや必須の機能です。

Ver.7と比べてグラフィックス周りがまるごと一世代進んだ感じになりました。

ライバルソフトのParallelsは一つ前のバージョンでDirectX 10対応をしましたから(ただしテスト版で)、1年経ってようやっと追いついたと言えます。(Parallelsの最新レビューはこちら)

もちろんVMware Fusionは安定性を重視する傾向がありますから、ある程度完成していても公開は避けていたのでしょう。正式搭載されたということは、安定して使えるという意味です。

※DirectXの最新バージョンは12、Open GLの最新バージョンは4.5系です。

Proはクラウド対応を強化

VMware Fusion Proではクラウド対応がさらに強化されています。

vSphere サーバ、ESXi サーバ、および Workstation サーバなどの連携が強化され、サーバー用仮想環境を手もとで動作確認することが可能に。Mac上で仮想サーバを構築し、そのままデプロイすることもできます。

またDockerやVagrantなどの親和性も高まっているようです。

電力の効率化

バッテリー アイコン

通常仮想内のOSは、ホストとなるマシンの電源の状態を知ることができませんから、常にフルパワーで動いてしまいます。

バッテリーで動かしているノートでWindowsが常時フルパワーだったら、一瞬でバッテリーが終わってしまいます。

VMware FusionはFusion自体が電源を効率化してくれるようです。たとえばCPU内蔵グラフィックスと外部グラフィックスが搭載されていたら、バッテリー駆動の場合はCPUのみ、電源につながったら外部グラフィックスに切り替え、というような動作をしてくれるようです。

購入

VMware Fusionの購入は、新規購入、バージョンアップともに公式サイトに限られています。Amazonなどで購入することはできません。(公式ストアはこちら

価格は新規購入は9,990円、バージョンアップは6,290円です。(2015/8/25現在)

VMware Fusion

バージョンアップはFusion 6.x、6.x Pro、7.x、7.x Proが対象です。VMware Fusion 5以前は新規購入となります。

バージョンアップ購入

バージョンアップ購入はシリアルナンバーの確認が必要。

購入時に下記のような画面が出ます。すでにVMwareにアカウントがあり、シリアルナンバーを登録(もしくは購入履歴)があれば、「+」をクリックすると対象のシリアルナンバーが表示されます。

VMware Fusion

 

Ver.6をパッケージで購入したりした人は、VMwareにアカウントを作り登録すれば、バージョンアップの対象として認識してくれます。

バージョンアップしたいナンバーにチェックを入れ、進むとバージョンアップ価格で購入できます。

VMware Fusion

 

支払いはクレジットカードかコンビニ支払いが可能でした。

VMware Fusion

購入後のダウンロード

購入後のダウンロードは、購入後に送られるメールの中にあるリンク、もしくはMyVMwareから行うことができます。容量は361MBほど。

VMware Fusion

メール内のわかりやすすぎるダウンロードボタンww

WTS的まとめ

ちょっとマジメな機能解説ばかりになってしまってすみません。

今回も確実、安定なバージョンアップ内容ですね。とはいえDirectX 10対応はビッグトピックです!一部の方々がとても喜びますね。(笑) DirectX 10対応は十分バージョンアップ理由になります。

次回からベンチマークや詳しい使い方を追っていきたいと思います。

 

VMware Fusion 8 [最新版]

(※最新のVMware Fusionは、VMWare Japan 公式サイトからのダウンロード販売のみ提供されています。)


※下記サイトでは旧バージョンの「VMware Fusion 5 以前」のパッケージ版のみ販売しています。最新版ではありませんので、購入されないようご注意ください。

Amazon楽天市場で購入 | Yahooショッピングで購入