レビュー

東芝 USBメモリー TransMemory-MX V3SZK-016G-BK ベンチマーク

OSインストール用にUSBメモリを買いました。

現在常用しているのはSanDisk Extreme 64GBです(レビュー記事)。読み込み・書き込みとも超高速で気持ちが良い!

しかし今回はOSインストール用を目的としています。大して速くなくてもお安くて16GBのものを探しました。読み込みが遅いとやってられないのでUSB3.0は必須です。

選んだのは東芝のUSBメモリー TransMemory-MX V3SZK-016G-BKです。Amazonで1,150円(2014/8/23現在)とお安かった。ちなみに東芝ですがMade in フィリピンです。

スポンサードリンク

形状

キャップ式のオーソドックスな形。
DSC03667

 

このキャップ、外したあとお尻につけられません
無くしそうだなぁ・・・
DSC03668

ベンチマーク

軽くベンチを取ってみます。CristalDiskMarkにて計測。
OSはWindows7、ポートはUSB3.0です。

東芝USB 16GB

 

読み出しが82MB/sといい感じですね!ランダムリード 512KBも75MB/sとOSのインストールにはちょうどよい感じ。

書き込みはさすがに安いなりで、シーケンシャルライトでも10MB/sです。ランダムライト4KBは0.054MB/sって、うわ、ちょっと遅いな~。まあ僕の場合はISOをUSB化するだけなんで、コピーが始まったらほったらかしておけばOKですが。

1000円前後で16GBなら、この性能はまあまあのバランスではないでしょうか。

WTS的まとめ

書き込みがけっこう遅いので普段使いでは時間がかかってめんどくさそうです。16GBも容量があるのでせめてランダムライト1MB/sはほしいところ。

OSのインストールや、たまに大きなファイルを受け渡す程度ならいいかもしれません。使いどころを選ぶタイプです。

普段使い最強はSanDisk Extremeです!