Mac Parallelsレビュー Windows レビュー 仮想化(Windows/Mac)

さっそくParallels9をベンチマークしてみたぞ!Parallels8と比べてどうなのか?

Parallels8から9でグラフィック性能は上がるのか?

Parallelsはグラフィック性能重視の仮想ソフトとして知られています。当サイトの検証記事でも、グラフィックは毎回Parallelsがトップの性能をたたき出しています。

今回は8から9へのバージョンアップ。7から8へはかなりの処理速度向上を果たしましたが、僕的には「Parallels8で限界ではないのかな?」と感じています。

Windowsを直に動かすBootCampと比較して80%近くの実行効率を実現するParallels。今回のParallels9の新機能にはもちろん「グラフィック性能向上」が含まれています。果たしてParallels8を上回ることはできるのでしょうか?

スポンサードリンク

スペック

前回、前々回ではiMac(Early2008)を使ってきましたが、今回からはMacBook Air(Early 2012 CTO)を使用します。

MacBook Air(Early 2012)

項目 スペック
CPU Core-i7 2GHz (2コア 4スレッド)
メモリ 8GB
グラフィック Intel HD Graphics 4000 512MB
ディスプレイ 1440 x 900
OS OS X 10.8.4

仮想PCのスペック

項目 割り当てスペック
CPU 2コア
メモリ 3GB
OS Windows7 64bit
グラフィックメモリ 1GB
解像度 1024 x 768

 

Parallels設定

ベンチマークソフト

3DMark 06(DirectX 9)

ParallelsはDirectX10にも対応していますが、MacBook Airの処理速度がほとんど追い付かず数値がまともに出ないため、3DMark 06を使用致します。