Delphi Mac Windows

MacにDelphiのデバッガI/F PAServerをセットアップする

Delphi XE4の使い心地を確認中の太田アベルです。

 

ちなみに購入したのはモバイル開発環境を含むAdd-On Pack for Delphi XE4

XE4購入画面

購入したのは恒例のSEShopです。

 

高いな〜とは思いましたが、まあモバイル開発を体験しておくのもいいかなと思い直し、ちょいと奮発してみました。XE4だけならXE3と機能的にそんなに大差はないですね。

Macソフトの開発

Mac内のVMware FusionにWindows7をインストールし、DelphiでMac用アプリケーションを開発中です。(ややこしいな)

DelphiからMac用アプリをデバッグするには、デバッグインターフェースソフト「PAServer」をMac側にインストールしなければなりません。

スポンサードリンク

PAServerのありか

PAServerはDelphiのインストールディレクトリに入っています。

 

例) C:\Program Files (x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\PAServer

 

Mac用、Windows用があります。

Mac用PAServer

 

RADPAServerXE4.pkgをMacのデスクトップなどにコピーします。

PAServerをMacにコピー

 

ダブルクリックしてインストールを開始。

RAD PAServer XE4 のインストール

使用許諾などがいろいろ表示されます。

 

インストールが完了

RAD PAServer XE4 のインストール

 

PAServerを起動

上の画面を見ていただいてもわかりますが、「アプリケーションフォルダにあるRAD Paserver XE4を…」となっています。

Applicationフォルダを見ると、ありました。

PAServerアイコン

 

XE3ではなぜか /home/user/Application などという不思議なフォルダに入っていましたが、今回からまともになったようです。(笑)

 

PAServerを起動

ではPAServerを起動してみましょう。

出てくるのはいきなりターミナルです。

接続プロファイル パスワードなんてものを聞かれますが、そのままEnterを押します。

PAServerの起動

 

認証画面を通ると、PAServerがサービスとして起動します。(Macではデーモンと言っていいのかな)

下記の状態になれば標準ポートの64211でDelphiからの通信待ち受けをはじめます。

PAServerの起動2

 

次のページでいよいよDelphiからMacへのコンパイルです。