Mac VMware Fusion レビュー Windows 使えるツール紹介 新製品情報

買ってよかった!今年の商品一覧 2012

いよいよ年の瀬。かなりの寒気が吹き荒れておりますが、お正月の準備はいかがでしょうか?

 

この時期になると

今年もいろいろ買ったな~

と思うのですが、なんか毎年同じだなと今気づきました。
たぶん来年も同じ。

ということは、これは感想ではなくてむしろ行動パターンとも言えますね。

つまり私は「年末、今年も終了!」という言葉を聞くと自動的に今年買ったものを思い出すという習性を持っている、ということになります。不思議ですね。(どうでもいい)

 

では突然ですが、今年の「買ってよかった!PC関連商品ベスト10」行きます!

スポンサードリンク

第10位

Silicon Power SDHCメモリーカード 8GB (Class10) SP008GBSDH010V10

790円という異様な安さで購入。
フラッシュメモリ関連はどんどん値下がりしますね。うれしい。
Raspberry Piに入れてメインディスクとして使っています。
今のところ問題なし。コストパフォーマンス抜群。

 

第9位

日立GST Touro Mobile MX3 Black

モバイルHDDは汚れが気にならないザラザラの筐体で決まり!下記1分Box Green Lineを買ったが、テカテカの筐体は気になることが多くて持ち運びは断念。
飾り気のないプロ用のHDDとしておひとついかがでしょう。(僕は2つ買いました)
レビュー記事はこちらです

 

第8位

AIRTEGO13 Crocodile White for MacBook Air 13(エアテゴ)

質感がとても良い、Airがぱっと取り出せる、ケースに入れたまま充電も可能という使いやすいケース。
Airが2台になったので2つ買いました。オシャレですよ!
レビュー記事はこちらです

 

第7位

BUFFALO Giga 11n/a&11n/g AOSS2対応 無線LAN親機 WZR-600DHP

Macで300Mbpsを実現するためイチかバチかで導入した無線LAN親機。結果しっかりと300Mbpsを実現。
NASと無線でつなぐなら300Mbpsは必須といえるでしょう。
レビュー記事はこちらです

 

第6位

NETGEAR ReadyNAS Duov2 2ベイ デスクトップ型NAS RND2000-200AJS

iMac、Macbook Air2台という環境で手軽に共有保存、バックアップをするためにはNASが必須でした。
WZR-600DHP経由で無線LAN接続し、非常に便利に使っています。
TimeMachine機能も搭載していて、Macとも相性が良いです。
レビュー記事はこちらです

 

第5位

GREEN HOUSE HDMIセレクタ Input3+Output1ポート GH-HSW301

意外に大活躍しているのがこのHDMI切替器
PS3、AppleTV、ビデオをつなぐために購入。機材のスイッチを入れれば自動で回線を切り替えてくれるスグレモノ。買う前まではPS3とAppleTVはいちいちケーブルを挿しなおしていました。
簡単な機能なのでレビューはまだ書いていません。
ちなみに楽天だと2,000円前後ですね。お安い。

 

第4位

センチュリー 1分BOX2.5 USB3.0 GREEN LINE CGL25U3S6G

テカテカな表面はいまいち気に入りませんが、カンタンにディスクを交換できるのはうれしい。
Intel SSDのベンチマークなど、レビュー作成にかなり貢献してくれています。
レビュー記事はこちらです

 

第3位

Intel SSD 520&Intel SSD 330

Intel SSD 520 240GB

 

SSDの速さに目覚めます。
USBメモリスティックの遅さに辟易している人は、SSD+USB3.0ケースをオススメしたい。
書き込みの速さが使用感を大きく左右しますね。330なら150Mbps前後、520なら250Mbpsを叩き出します。
レビュー記事はこちらです

 

第2位

VMware Fusion / Parallels

当サイトでレビューを多く書いているMac用仮想化ソフトVMware FusionParallelsが第2位です。
どちらも非常に便利で、甲乙はつけられないので同着としました。

とはいえ、私はライセンスの自由さからVMware FusionのほうをiMac, Airに入れています。
OSはGreen Line + Intel SSDの超速モバイルディスクで持ち運んでいます。1個の仮想環境を共通で使えば、Windowsのライセンスも1本になるので懐にもやさしい。
しかもUSB3.0環境ならほとんど内蔵ディスクのような速さ。仮想環境もまったく遅さを感じさせません。
レビュー記事はこちらです
Green Line + Intel SSDのレビューはこちら

 

第1位

MacBook Air(Mid2012) i7 8GB

2台目となったMacBook AirはCore i7 + 8GBメモリの特盛仕様。いやもう、快適です!
どこへ行くにも持っていきます。仮想環境でWindowsを入れておけば、Mac、Windowsどちらの要望にも対応できますので、友人のパソコンを修理する際にも困ることはありません。
内蔵SSDは256GBでまったく問題無いですね。
レビュー記事はこちらです